<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

07月12日(金)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『自分から遠いキャラクターを演じる』

 

 今回の課題シナリオには、小松Pの“日常の引き出し”とはほぼ無縁のキャラクターが登場する。その役を演じながら、『自分から遠いキャラクター』を演じる時に、どういうアプローチがありうるのかを具体的に探究していく。

 本日は台詞覚えを強化するトレーニング。
 『計算テストを受けながら』『クロスワードパズルにトライしながら』『折り紙をしながら』……等々、何かしらの作業をしながら正確に台詞を出す。

 

***   ***   ***   ***

 

今回の課題は、自分からは遠いキャラクターを演じること。

裁縫が得意、本が好き、演技の考え方がインサイドアウトなど、すべて真逆!

 

客観的表現重視の私にとって、自分と違うキャラを演じること自体は、全く問題ないのですが・・・今回セリフがなかなか頭にはいってきません。

特に覚えずらいのが、こちらのセリフです。

 

「演技の基本って結局は気持ちでしょ? 小手先でどうこうするんじゃなくて、その人物としてそこに存在するのが大事なわけ。上手いとか下手とか、そんなの関係ないから。そのキャラがそこにいさえすれば、それでいいんだよ。要は『演じよう』とし過ぎるなってね」

 

「役の気持ちに自分を近づけるか、役を自分の気持ちに近づけるかの違いはあるけど、どっちにしろ、中身が空っぽな芝居ほど観ててつまんないもん、ないからね」

 

前半のセリフは、本当にまんま、こういうことをよく言われていましたね。

 

一体、どういうことなんだろう?何を言っているんだろうと若かりし頃は相当、混乱しました。今は、インサイドアウトの演技論をちゃんと勉強したので混乱はありません。私がやりたい演技論ではないということも理解しています。

 

特に後半の方のセリフが苦手なのですが、原因は「思ってないから」とか「苦い思い出だから」ではなく、こういう言い回しを普段自分が使わないからだと思います。単に、台詞が長いというのもあると思いますけど。

 

 

セリフの定着を高めるために、算数ドリルをしながらセリフを言ったり、折り紙をしながらセリフを言ったりして、練習しました。

裁縫の動きをしながらセリフを言うには、しっかりセリフが入ってないと出来ないので「記憶の定着」頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 19:47 * - * trackbacks(0) * pookmark

うっかり

うっかり、稽古場を取り忘れて・・・演技術探究会はお休みとなりました。

次は火曜日の予定なので、忘れないように気を付けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

七夕は生憎の雨でしたが、立派なかたつむりを見つけましたよ。

 

小松愛 * ワークショップ * 23:51 * - * trackbacks(0) * pookmark

06月24日(月)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『自分から遠いキャラクターを演じる』

 

 今回の課題シナリオには、小松Pの“日常の引き出し”とはほぼ無縁のキャラクターが登場する。その役を演じながら、『自分から遠いキャラクター』を演じる時に、どういうアプローチがありうるのかを具体的に探究していく。

 本日は台詞覚えを強化するトレーニング。
 『計算テストを受けながら』『クロスワードパズルにトライしながら』『折り紙をしながら』……等々、何かしらの作業をしながら正確に台詞を出す。

 

***   ***   ***   ***   

 

7月に突入し、2019年もあと半年。早いですね〜!!

 

各論稽古はセリフの強化をするために、台詞を出しながら

足し算、引き算、掛け算などのドリルをやります。

ドリルの方は、1箇所ミスがありました。

途中でセリフに詰まってしまうところが弱点ですね。

 

ドリルのあとは、台詞を言いながらクロスワードパズルに挑戦しました。

算数と違って、台詞とクロスワードがこんがらがってくるので、

ハードルが少し高めでした。

間違っていたところもあり、正直クロスワードだけでもかなり難しかったです。

 

結構、台詞の定着してきたかなと思ったのですが、

私の都合で演技術探究会を1回お休みしたので・・・また忘れてそうです。


 

小松愛 * ワークショップ * 22:25 * - * trackbacks(0) * pookmark

06月22日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】各論稽古『自分から遠いキャラクターを演じる』

 

 当然と言えば当然だが、俳優には多種多様なキャラクターを演じ分ける技術が求められる。その際、『自分に近い(似ている)役』と『遠い(似ていない)役』では、どちらの方が難しいのか?

 結論から書けば、その答えはケース・バイ・ケースに尽きる。

 とはいえ、一般的には『自分から遠い役』の方が、キャラクターのイメージをつかむまでのハードルが高いように思える。

 たとえば、自分とは全く違う要素(言葉遣い、所作、考え方、等々)を含んだ役を演じるとなれば、かなりの準備が必要だろう。東京生まれ東京育ちの人間に、大阪弁の役を演じてもらうとなれば、方言指導に相当な時間を割くことになる。

 今回の課題シナリオには、小松Pの“日常の引き出し”とはほぼ無縁のキャラクターが登場する。その役を演じながら、『自分から遠いキャラクター』を演じる時に、どういうアプローチがありうるのかを具体的に探究していく。

 本日は台詞覚えチェック。3回連続でノーミスならOKとする。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は6月21日の毎日新聞から。

児童相談所の機能強化、関連法案の成立についてでした。

児童相談所は仕事も多く、責任も重いので現場が大変だということが書かれていました。

 

仮に児童相談所が100%完璧に仕事をこなせたとしても、まだまだケアが足りてないのが現状だと思います。そもそも、児童相談所の組織自体を見直さなければいけないのでは?という話をしていました。児童相談所は、マネタイズできるような組織ではないですから、地域ごとのばらつきが出てしまいます。なので、国がもっと積極的に動いて、地域差が起こらないようにすることも必要だと思います。

 

今回の法改正では24の付帯決議が採択され、その中の懲戒権の話になりました。親が子に暴力を振るっていいわけではありませんが、親には子供をしつける権利があるというものです。そして、懲戒権を建前に、子供に暴力を振るう親がいるのです。

 

しつけは必要です。が、果たして暴力でしつけることは良いことなのか・・・。私自身は言葉で説明すればいいことだと思っていますけど。相手に自分の言うことを聞かせるときに、カッとなって殴るのは簡単に結果が出て楽なわけですよね。人間は弱いですから、粘り強く説明するよりも、暴力を使ってしまうわけです。そこを理性の力で、言葉で教えるという風になってほしいです。

 

懲戒権をなくすと家庭内のいざこざ、全てが刑事事件になってしまうという意見もあるそうです。・・・明治時代の民法ですし、逆に、しつけに関して「やってはいけないこと」を明確にすべきだと感じます。

 

***   ***   ***   ***

 

各論稽古はセリフ覚えチェックでした。

 

1回目 NG

2回目 NG

3回目 OK

4回目 OK

5回目 NG

6回目 NG

7回目 OK

 

ということで、7回やって3回間違えずに言えたので、セリフ覚えチェックは一旦、終了。

本当は3回連続ノーミスを目指しているのですが・・・今回は、これでクリアということで。

次回からはセリフを間違えても、「あ、間違えた」という表情にならないようにスルーしなくてはいけません。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 16:31 * - * trackbacks(0) * pookmark

06月15日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『自分から遠いキャラクターを演じる』

 

 当然と言えば当然だが、俳優には多種多様なキャラクターを演じ分ける技術が求められる。その際、『自分に近い(似ている)役』と『遠い(似ていない)役』では、どちらの方が難しいのか?

 結論から書けば、その答えはケース・バイ・ケースに尽きる。

 とはいえ、一般的には『自分から遠い役』の方が、キャラクターのイメージをつかむまでのハードルが高いように思える。

 たとえば、自分とは全く違う要素(言葉遣い、所作、考え方、等々)を含んだ役を演じるとなれば、かなりの準備が必要だろう。東京生まれ東京育ちの人間に、大阪弁の役を演じてもらうとなれば、方言指導に相当な時間を割くことになる。

 今回の課題シナリオには、小松Pの“日常の引き出し”とはほぼ無縁のキャラクターが登場する。その役を演じながら、『自分から遠いキャラクター』を演じる時に、どういうアプローチがありうるのかを具体的に探究していく。

 本日は課題シナリオの読み合わせ、及び段取りの確認。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は毎日新聞から、安倍首相のイラン訪問についてでした。

イランとアメリカの関係が悪化しています。どちらも戦争はしたくないと思っているでしょうが、何かをきっかけに部分的な衝突が起こりうる可能性はあるので、安倍首相が緊張緩和を促せるかどうか、という記事でした。

パイプ役を果たして安倍首相が鼻高々になるのも、ちょっとな・・・と思いますが、やはり戦争や衝突は起こってほしくないので、ここは安倍首相に頑張って頂きたいと思います。

 

各論稽古は新しい課題になりました。

今回は、自分からは遠い役ということで、私が最も苦手なお裁縫が上手なキャラに挑戦するみたいです。

 

その昔、舞台装置として使う布を「きたなくてもいいので縫って」と頼まれ、縫ったところ、あとで縫い直されたことがありました。予想以上にきたなかったんでしょうね。本当に裁縫が苦手なので、うまくできるか不安です。

 

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:41 * - * trackbacks(0) * pookmark

お楽しみブログ閉鎖のお知らせ

突然ですが、これまで続けてきた、お楽しみ計画ブログを閉鎖することにしました。

公演のアンケートに住所氏名を記載してくださったお客様にのみ、ログインIDとパスワードをお知らせして見て頂けるというブログでした。

3回目公演から丸10年が経ってしまい、公演をしていないので会員が増えることがないのと、最近では音声コンテンツ「LogicalSweetVoice」のアップが難しくなり見てくださっている方が減ってしまったため、6月末に閉鎖とします。

これまでお楽しみ計画ブログを見てくださっていた方々には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

公式ブログと裏理想現実ブログの方は続けていきたいと思っていますので、今後もよろしくお願いします。
小松愛 * お知らせ * 00:00 * - * trackbacks(0) * pookmark

05月24日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 最終的な調整をいくつか入れ、課題作品を仕上げる。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は5月21日の朝日新聞から、地域おこし協力隊についてでした。

10年くらい前から総務省がやっている制度ですが、89人で始まったものが現在では5千人を超えているそうです。

 

私自身は地域おこしについては割と関心がある方で、うまくいってほしいと思っていますが、割と記事では良いことばかり書いてあったので、そうかな〜と思う点を考えてみました。

 

役場が絡むとビジネス感が薄れて、うまくいかないという勝手なイメージがあります。また、税金を投入してやるわけですが、どこまでいったら成功とか失敗というコストパフォーマンスが数値化されにくいのではないかと思います。

 

うまくいくかいかないかも、かなり属人的な部分が強そうですし。協力隊のやりたいことと、地元住民のニーズが一致しないとか、閉鎖的な地方では外から人がくることへの反発などもあって、現実には厳しいところもあると思いました。

 

 

***   ***   ***   ***   

 

各論稽古は、ビデオ撮影をしました。

 

消え物、食べたり飲んだりする部分を実際に練習できる回数は少ないので実物を使うと、戸惑ってしまうところもありました。練習期間が空いてしまい、記憶があいまいになり、台詞間違いも発生・・・。少し前にやった時の方が全体的にうまくまとまっていたかな〜というのが自分の感想です。

あと、演技とは直接関係ないかもしれませんがビデオで見た自分が少しぽっちゃりしてきていて、まずいな〜・・・と。

 

なにより、この課題がようやく終わって良かったです。なんだかんだで、半年以上続けていたので・・・。この後は、新課題に挑戦になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 20:43 * - * trackbacks(0) * pookmark

05月16日(木)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 最終的な調整をいくつか入れ、課題作品を仕上げる。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は5月15日毎日新聞から、日本維新の会の丸山穂高衆院議員の北方領土についての発言についてでした。

議員に対しての辞職勧告はあくまで勧告で、強制力はないそうですね。逆に強制力があると議席数の多い党が他の党の議員を辞めさせることができてしまうリスクもあるからだそうです。

 

この問題発言があった状況について私は詳しく知らなかったのですが、ビザなし交流の訪問団に同行した記者団が、予め元島民に取材を申し込んでいて、取材中に丸山議員が割り込んできたそうです。音声が残っていたのは取材中だったからで、懇親会の会話を隠し撮りしたわけはないそうです。なので、ポロッと出た会話ではないのだそう。ワイドショーなので音声を聞いたところ、かなり酔っているように感じました。丸山議員は以前にもお酒でトラブルを起こして、議員在職中はお酒を飲まないと宣言したそうなので、言っていることとやっていることが、矛盾してますね。ご本人としては再選して禊が済んだので、その時からお酒も解禁というつもりなのかもしれませんが・・・。

 

その後、丸山議員は言論の自由が危ぶまれるなどとツイッターに書き込んでいるそうですが、知る権利・報道、取材の自由と言った権利を無視しておいて自身の権利だけ主張しないでほしいです。

 

朗読は1回目、2回目ともに同じタイムでした。2回目は2箇所、NGあり。最近、社説朗読中に猛烈な睡魔に襲われます。

 

 

各論稽古は動きが変更になる箇所の説明をしてもらい、次回実際に演技してみることになりました。この課題も、もうすぐ終わりです〜。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 23:45 * - * trackbacks(0) * pookmark

05月13日(月)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 ここまでの仕上がり具合を動画で撮影し、客観的に確認する。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は米中間の摩擦についてだったのですが、旅行などの遊び疲れか、あまりに眠くて読み間違えたり読み飛ばしたりしていて内容が全く入ってきませんでした。読みながら本当に寝ていたみたいです。

 

それを見た猪本が、小松愛の睡魔は本当にすごい!と驚いていました。さっきまで、旅先の話を色々していたのに、社説朗読になったら、圧倒的な眠気を漂わせているんですよね。自分でもびっくりします。

 

そして、今日は各論稽古を撮影して確認してみました。体調不良や用事で演技術探究会が休み休みになり、なかなか終わらなかった課題。ようやく仕上げにかかっています。

 

飲んだり食べたりするシーンがあるので、実際の飲み物や食べ物を使うと、食べながら話すとか、飲んだ後の間など、仕草にリアリティが加わりますね。2回撮影したのですが、2回目の方は、結構まとまっていたかな〜という印象でした。テキストの内容は、後半でお酒の酔いが回ってきてダウンするという流れなのですが、後半の眠たげな演技は自然にできていました。

 

小松愛 * ワークショップ * 22:21 * - * trackbacks(0) * pookmark

05月04日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 段取りの確認及び微調整。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は4月29日の毎日新聞から。中国が進める経済圏構想「一帯一路」についてでした。私は全然知らなかったのですが・・・中国が発展途上国にお金を貸して、返金を待つ代わりに相手国の土地を無料で使うというようなことをやっているそうです。話を聞くと、まるで高利貸しみたいですね。

 

中国としては西洋諸国も同じようなことをやってきたでしょ?という感覚なのかもしれません。戦争をしなくても、お金の力で実質領土を広げることができてしまうんですね。ネット環境の整備などを中国に頼れば、情報は恐らく持っていかれてしまうわけで、かなり怖い気もします。

 

ただ、発展途上国からしたら、アメリカに情報を持っていかれるか、中国に持っていかれるかの違いくらいなのかもしれませんけど。世界の覇権争い、怖いですね。日本が一帯一路に参加するかは、慎重にならないといけないと思います。

 

***   ***   ***   ****

 

各論課題は実際に食べたり飲んだりしながらの段取り確認をしました。

特に飲み物があると、動きにリアリティーがでるな、という手ごたえがありました。

まだ少し、段取り変わる可能性があるそうです。

 

小松愛 * ワークショップ * 01:01 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ