<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

呪い?

不定期配信になって以来、ポッドキャスティングが恐ろしいくらいの不定期っぷりを発揮しています、本当に申し訳ございません。


今月からもう少しペースアップするつもりだったのですが、猪本が石灰沈着性腱板炎という病気になってしまいました。そのせいで何かとバタバタしているそうです。

 

猪本は今年の初めに根尖性歯周炎(こんせんせんししゅうえん 虫歯のひどいやつ)になってしまいました。本人が歯磨きをサボったわけではないのですが、紆余曲折ありまして・・・。これが、ものすごく痛いそうです。未だに完治していない上に、今度は肩が発病。今度の病気は、猪本の担当医曰く『肩の痛風』だそうで、これも相当痛いみたいです。

 

実は私もスライサーで小指を切ったりして、最近の理想現実は不運続き。

 

何かに呪われているんでしょうか?

 

まあ、私の小指は単におっちょこちょいなだけですが、猪本の場合は、今までの無理が祟ったのかな、と心配です。

ここ暫く稽古もできず、猪本とも会っていなくて、今のところ、今度の火曜日に久々にポッドキャスティングのミーティングをする予定で、ポッドキャスト会議の準備として、猪本から面白いリストをもらいました。

 

ポッドのテーマとして毎回候補に挙がりながら、私が5回以上断ったテーマのリストだそうです。


● 『小松愛のCD購入履歴』
● 『ファッションを学ぼう』
● 『プロレス研究』
● 『虫歯発生のメカニズム』
● 『お城の魅力』


5回もスルーしたっけ?という位、記憶にありませんでした・・・。

 

ただ、やっぱりこれがリストに載っていても、スルーすると思いますが、根尖性歯周炎については、猪本が語りたいと言っていたので、虫歯のメカニズムはスペシャル版で今度取り上げる予定です。ポッドキャストの完全復活まで、少々お待ちくださいませ。

小松愛 * 雑談 * 23:00 * - * trackbacks(0) * pookmark

謎のテキスト

少し前の話ですが、稽古場にて、いつもの社説朗読が終わった直後、「実験的なプログラムを試してみたいんです」という申し出が猪本からありました。

 

いつもは基本のメニューなのに、なんだろうな?と、了解したところ、A4サイズ1枚分のテキストを渡されました。

 

「これを音読してください」と指示され、内容を確認したところ謎の文章が書かれていました。

 

具体的に示さないとわかりにくいので、冒頭部分だけを公開しますね。

 

 

□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

 

明らかに悩んでいる子供がいる。

 

大人が声をかけるだけでも、そこから著しい変化が現れるかもしれない。

 

もちろん見守りも大切だ。

 

しかし決然と声を掛け、子供から意見を提出してもらう。

 

そこからは間違いなく学ぶべきところがあるはずだ。

 

すべてを吸収し、対策を前倒しすることこそが大切だ。

 

□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

 

ちんぷんかんぷんですよね〜。

一体何の稽古なのか、何を試されてるのか「?」です。

戸惑いながらも、とりあえず言われた通り音読しました。

 

その後、猪本からもう一通、テキストを渡され読んでみると・・・

 

 

□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

 

明らかに悩んでいる子供がいる。

 

『大人が声をかけるだけでも』、そこから『著しい』変化が現れるかもしれない。

 

もちろん『見守り』も大切だ。

 

しかし『決然』と声を掛け、子供から意見を『提出』してもらう。

 

そこからは間違いなく『学ぶべきところがある』はずだ。

 

すべてを『吸収』し、対策を『前倒し』することこそが大切だ。

 

□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

 

実はカギカッコ(赤字)のところに秘密があったんです。

 

カッコ内は、すべて私が以前、社説音読の稽古で噛んでしまった言葉だったんです。

私が(滑舌的に)苦手とする言葉を寄せ集めて、猪本が強引に文章化したものでした。

 

もちろん言葉というのは前後のつながりで喋りやすくなったり、その逆もあるので、この『寄せ集めテキスト』が滑舌強化に直結するとは猪本も思っていないそうですが、なかなか面白い稽古だな〜と、思いました。

 

過去の活舌NGをきちんと記録してくれているから、こういったメニューを作ることができるわけで、相変わらず凄いな〜、ありがたいな〜と思います。

 

猪本から「テキストを見た時、すぐにこちらの意図に気付きました?」と聞かれましたが・・・・・・全く気が付きませんでした。私の忘却力も、相変わらず健在です。

小松愛 * ワークショップ * 21:29 * - * trackbacks(0) * pookmark

04月05日(金)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 段取りの確認及び微調整。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は4月5日、毎日新聞から。

カルロス・ゴーン氏、再逮捕についでした。

 

この短期間での再逮捕、実際には保釈の取り消しですね。

警察・検察内部には、保釈自体に納得してない人も多かったとか・・・。

 

特別背任という罪が、どういうものを指すのか定義など、かなり難しいように感じます。そして、オマーンの販売代理店が絡んでいて、中東の問題を日本の警察・検察がどこまで捜査できるのかも疑問です。オマーンはイランの友好国なので、イランと険悪なアメリカが日本の捜査に協力してくれる可能性があるようですが。この後、どうなるのか気になります。

 

***   ***   ***   ***

 

金曜の夜、夕飯を作っている際にスライサーで左手の小指を切ってしまい、各論稽古の細かい動きなどがやりづらいだろうと配慮していただき、セリフの読み合わせと、簡単に動きの再確認をして終わりました。

今は大分回復してきましたが、小指が使えないとかなり、不便ですね〜。

 

小松愛 * ワークショップ * 23:46 * - * trackbacks(0) * pookmark

03月30日(土)の演技術探究会

●朗読稽古

 

 東京新聞の社説を音読する。

 

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は、3月29日の東京新聞から。内容は熊本・松橋事件の再審無罪についてでした。

 

松橋事件を私は知らなかったのですが、今回テレビのニュースで見たり、社説を読んで、

証拠物の中から、あるはずのないシャツの左袖の布きれが出てきたという件はびっくりしました。

 

これは心ある、検察・警察側の誰かが証拠物の中に入れたのか?

年月が経過して担当者が変わり事件への意識が薄れて、警察・検察側としては出してはいけない証拠をうっかり出してしまったのか?

 

謎です。

 

 

そして問題なのは、ここまで杜撰な捜査をしておきながら、いまだに警察・検察側は「冤罪だった」とは認めていなのだそうです。

冤罪だったと認めると、今から真犯人を探さなくてはいけないからです。証拠不十分で判決は無罪になったけど、今も宮田さんが犯人だという立場を取っています。

 

こうしている間にも真犯人は放ったらかし状態ですし、警察・検察自身が、なぜこのような捜査になってしまったのか、しっかりと検証しなくては、また同じことを繰り返す危険性があります。
 

アメリカでは証拠の扱いは厳密に決められているそうです。適正な手続きを踏まなかった場合、例え100%犯人だったとしても逮捕できないのだとか。

 

取り調べの可視化、弁護士の立ち会い、証拠の全開示、これをしなければ今後も冤罪を生むリスクが高いままです。

 

 

***   ***   ***   ***

 

猪本が体調不良のため、稽古メニューは社説朗読のみとなりました。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 00:57 * - * trackbacks(0) * pookmark

03月19日(火)の演技術探究会

【1】制作会議

 

 ポッドキャストの打ち合わせ。

 

【2】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は毎日新聞より、ニュージーランドのクライストチャーチで起こった銃乱射事件についてでした。

 

私はニュージーランドにいったことはありませんが、治安が良い国の代表みたいに思っていたので驚きました・・・。

 

世界中、どこにも安全な場所なんてないのかもしれない、という話を、知り合いがしていました。本当にそうですね。

 

また、事件に巻き込まれたときに、現場付近にいた場合、出入り禁止になってしまうことがあるので、水、少しの食糧、携帯の充電器を持っていた方が良いとの話を聞きました。

 

 

私なんかは、どうしてこんなことが起こるのか不思議でなりませんでしたが、白人至上主義者の人からすると、黒人や黄色人種の人たちから「奪われている」という感覚が強いみたいですね。

 

「本来100ある恩恵を50しか得られていない!」「秩序を乱されている」「自分たちが作ってきたものにフリーライドされている」と、感じているようです。

 

これは、かなり根深い問題ですね。

 

確かに秩序を作ったのは白人かもしれませんが、「あなた自身が作った訳じゃないよね?」ということを、もう一度冷静になって考えてもらいたいです。

 

そして、白人は単なる被害者ではなく、ネイティブアメリカンやアボリジニー、黒人をたくさん虐殺してきた、どちらかと言えば加害者側です。

 

さらには、キリスト教だけが宗教ではありません。私から言わせると、宗教もフィクションです。世の中の秩序、社会制度、貨幣、言語、家族も全てフィクション。みんながそのルールを理性的に共有することで成立し、誰しもが恩恵を受けています。

 

それなのに、自分だけの勝手な物語を優先して、他人を傷つけたり、社会を壊すような人は、一人で宇宙に行って頂きたいです。

 

宇宙人も迷惑かもしれませんけど。

 

 

ニュージーランド当局は、今回の犯人に対してノーマークだったそうです。

 

日本人は、日本でなんかテロは起こらないとどこかで思っているところがあると思います。そうした平和ボケ感覚は本当に捨てて、オリンピックもありますし、テロ対策については、真剣に考えなくてはいけないと思います。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 01:32 * - * trackbacks(0) * pookmark

03月12日(火)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 課題シナリオの読み合わせ。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は毎日新聞から、東日本大震災関連の記事、特に復興庁についての内容でした。

 

日本はこれまで、道路は国土交通省、学校は文科省など、何をするにも縦割り社会できたので、復興庁がワンストップで対応するというのは、当初から難しいところがあったと思います。

 

何をもって復興とするのか、一般的には人口を元に戻して、税収を元に戻すことになるのでしょうけど。

 

そもそも、津波が来た場所にまた住むという選択が安全面からどうなのかな、と心配になります。人工的に作った高台も、また巨大地震がきたら耐えられるのか。

 

以前にも話したことがあるのですが、私は原発にかなり近い地域の除染をして住めるようにすることに疑問を感じます。今も原発は収束してないので、いたちごっこですし、広大な山や森の除染も無理だと思います。

 

国も東電も、隠している情報がきっとあるのではないか?と。50年、100年経ってガンを患う人が多くても、国も東電も因果関係は認めないと思いますし。

 

津波も原発も、悲しいけど、故郷は元の形には戻らないというのが現実なんだと私は思います。

 

津波や原発によって家を奪われた人には何千万単位でお金を渡して、安心して安全な場所に移り住んでもらえるようにしたら良かったのに、と話し合いました。

 

除染作業に使ったお金や寄付金があれば決して不可能ではなかったと思います。

 

千年に1回かもしれないし、明日かも知れない震災に対して、どのようにお金を使うべきなのか難しい問題ですね。

 

 

各論課題は、台詞合わせと動きの確認を簡単にしました。


 

 

小松愛 * ワークショップ * 12:47 * - * trackbacks(0) * pookmark

03月05日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】早口言葉

 久々の稽古ゆえ、肩慣らしの意味も含めて早口言葉に挑戦。“舌の動き”を取り戻す。

 

***   ***   ***  ***

 

久々の演技術探究会でした。社説朗読は2月26日の朝日新聞から、米軍普天間飛行場の辺野古移設計画をめぐる沖縄県での県民投票について、でした。今回の県民投票の結果は、法的拘束力はないものの、米政府と日本の首相に通知するとのこと。以前、トランプ大統領は日本側が米軍の駐留費用をもっと出さないなら撤退する!と言っていたので、その方向にいけばいいのに、なんて思ってしまいますけど。

 

比較のために、読売新聞の社説も用意してもらいました。読んでみたところ、普天間飛行場の危険性を挙げ、玉城デニー氏が代替案もなく辺野古移設反対を訴えるのは無責任だという批判が書かれていました。

 

与党・野党の立場なら、その理屈は分かりますけど、国が辺野古に基地を移すと決めて、地元住民が嫌だと訴えたことに対して、沖縄が他の場所を探すべき、と言うのは筋違いですよね。例えば、ゴミ処理施設を作ると国が決めたとして地元住民が反対したら、反対した住民が別の場所を探してこなければいけない、なんてことはありません。大手新聞社がこうしたことを書いているのは、基地問題は沖縄だけの問題だと言っているようなものだな〜と、改めて考えさせられました。

 

今後、IT技術などが発達したら投票がもっと身近なものになり、現在の間接民主主義からテーマによっては直接民主主義が取り入れられることも多くなるのかな〜という話をしました。

 

早口言葉のテキストを用意してもらいましたが、近況報告でお喋りしていたら結構時間が経ってしまって、テキストだけもらい、次回ということになりました。

 

小松愛 * ワークショップ * 21:27 * - * trackbacks(0) * pookmark

再開の予定

明後日、3/5に演技術探究会が再開できそうです。

途中になっていた課題など忘れてしまっているので・・・

基本の活舌練習などをする予定です。

 

ポッドキャストもお休みが続いていて申し訳ありません。

準備が整い次第、アップしたいと思います。

 

小松愛 * ワークショップ * 22:51 * - * trackbacks(0) * pookmark

花粉が来てますね

まだ稽古再開できていない状態なので・・・雑談です。

 

大分、暖かくなってきましたが、花粉も来てますね〜。

 

梅の花が咲き始めると同時に花粉症もスタート。

今年は早めに薬をもらってきて飲み始めてはいるのですが、やはり天気が良いと目や鼻がムズムズしますね。

特に目は一度掻き始めると余計に痒い・・・。

マスクもうっとおしいし、花粉症になっていない人がうらやましいです。

 

 

 

 

 

小松愛 * 雑談 * 03:24 * - * trackbacks(0) * pookmark

その後の電話

後日の電話の中で、何故あのような対応になったのか本人に尋ねてみました。
お客様から質問をされたと思い、インフルエンザのことについて

正しく説明しなくてはと思った、と言われました。

 

しかし、その説明は腑に落ちません。

 


あの時のサブテキストは明らかに「うちのせいじゃありませんよ」だったと思いますし
私のことをクレーマー扱いしたんじゃないですか?と聞いてみましたが、

 

クレーマー扱いはしていないのだそうです。

そう思わせてしまったのは、申し訳ないとのこと。

話している感じから、きちんと謝ろうという気持ちが嘘じゃないとは思いましたけど・・・

 


正しく説明と言うわりには、この紙コップの置き方が

危険という正しい判断はできてないし、それは矛盾してるのでは・・・?

 

上司の人からは、お客様の言葉に素直に耳を傾けるように、と指導されたそうなので、
原因の部分については、もう少し素直に反省した方が良いのでは?と伝えましたが

 

やはり、クレーマーだとは思っていないのだとのこと。

 

 

まあ、お客様に面と向かって、「はい、クレーマー扱いしました!」とは言い難いんでしょうし。
「お宅のせいでインフルエンザにかかった的なことを言われてしまい、防衛本能として出てしまった言葉
だったんじゃないんでしょうかね?」という話で、最後は渋々?「そうかもしれません」的なことを言っていたので

きっと本当は本人も分かっているのだと思うし、それで納得することにしました。

 

人からしたら細かすぎることだと思いますけど、こういうのを曖昧にできない性格なので。

 

その後、節々の痛みが完全に消えるまでは1週間位かかりました。

私としても初めてのインフルエンザにかかり、病院での受診の仕方も含めて、色々と勉強になりました。

 

インフルエンザは1週間位で完治しましたが、実はこの後、猪本が体調不良になってしまい

演技術探究会は、しばらくお休みしています。年明けから災難が続きます・・・。
 

小松愛 * 雑談 * 23:50 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ