<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

07月22日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題では演出の細かい指示を出されたら即対応するという稽古をしています。今回はテキストの前半部分「予備校講師らしい動き」の説明をしてもらい、実演となりました。説明してもらい2〜3回繰り返してからビデオで撮影をしたのですが、

 

1回目、1か所、指示された手の動きを忘れ・・・。

2回目、手の動きはOKでしたが、追加されたセリフが漏れ・・・。

何か忘れるんですよね〜と、言いながら3回目で、ようやくクリアできました。

 

間違えたことに気が付いたときに、それを顔に出さないようにするのも課題です。それにしても、言われてからパッとやる稽古は、なかなか面白いです。細かい演出がついて、最初のころのシンプルバージョンに比べて予備校の講師っぽくなりました。次回はポッドキャストの収録もする予定ですが、テキスト後半部分も頑張ります!

 

 

小松愛 * ワークショップ * 11:35 * - * trackbacks(0) * pookmark

07月15日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

猪本が体調不良などで稽古の準備があまり進んでいないとのことで、セリフや基本の動きの復習に留まりました。

次回から細かい動きを演出してもらい、すぐに対応できるような稽古になります。

暑い日が続いているので、皆様もくれぐれも体調に気を付けて過ごしてください。

小松愛 * ワークショップ * 17:44 * - * trackbacks(0) * pookmark

07月08日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題、今回は、続きの後半部分の動きを指示してもらい数回繰り返しました。

今は前後半のベースとなる動きを大まかにつけてもらい、次回から、さらに細かい演出をつけてもらいます。

 

動きを説明してもらう間、一生懸命メモをします。とにかく忘れっぽいので、メモ命!

 

ただ、暫く座って話を聞いていると、だんだん眠くなってくるんですよねふぅ〜ん

前の日に、どれだけ寝ていても、もの凄い睡魔がやってきます。

起きてなきゃと思うのですが、自分の力では抗えないほど強力な眠気で、本当に困ったものですたらーっ

 

小松愛 * ワークショップ * 00:58 * - * trackbacks(0) * pookmark

07月01日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題はテキストが新しくなりました。前半は独り台詞が続き、後半は相手役との掛合い、2ページです。前半・後半に分けてセリフがきちんと覚えられているかのチェックをしました。

 

前半 初回:ミス3か所 2回目:ミス2か所 3回目/4回目:ノーミス

後半 初回/2回目:ノーミス

 

初回から3回連続パーフェクトを狙ってましたが、残念ながら達成できず。

覚えたつもりでも、ちょっとした間違えが・・・モゴモゴ

これから細かい演出がついていくので、しっかり定着させたいと思います!

 

 

小松愛 * ワークショップ * 20:32 * - * trackbacks(0) * pookmark

06月21日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

讀賣新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『落語家役のオーディションを受ける女優』。
扇子でそばを食べたり、架空のお茶を飲むという所作を演出家主導でどんどんと変化させていく。

 

***   ***   ***   ***   

 

各論課題では、「あついお茶を飲む」「かけそばを食べる」という動作を落語家風に演じるよう指示がありました。

お茶や丼は実際にはないので、持っている振りです。扇子の使い方など細かい指示を受けています。演出をつけてもらってから、少し日にちが空いてしまったので、思い出すために数回練習後、短く3つのパートに分けて撮影をし、最後に通して撮影し、帰宅後に映像を確認しました。通して演じた方が流れが出て上手くできたように思います。

 

指示された動きに素早く対応する課題でしたが、今回の課題は動作重視でしたが、次回から新しいテキストになり、感情の動き重視の演出に素早く対応する課題になります。

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:45 * - * trackbacks(0) * pookmark

06月17日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『落語家役のオーディションを受ける女優』。
扇子でそばを食べたり、架空のお茶を飲むという所作を演出家主導でどんどんと変化させていく。

 

***   ***   ***   ***

 

体調不良などで稽古が暫くできていませんでした。

久々の稽古だったので動きのおさらいをしました。

今回は落語家っぽい動きの演出をつけてもらっています。

オーバーにお茶を飲んだり、かけそばを食べたり。

次回、ビデオで撮ってみて自分の動きを確認する予定です。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 09:40 * - * trackbacks(0) * pookmark

遅くなりました

更新が遅くなってしまいすみません。

 

喉は少しずつ良くなってきてきます。

なんとかポッドキャストを録音、アップしました。

いつもよりハスキーな声ですが、ぜひ聴いてみてください♪

 

夜に咳が出て、なかなか熟睡できない日が続いていたのと、薬の副作用の影響か?、演技術探究会の最中に睡魔が襲ってきて、猛烈に眠かったです!!というか、一瞬、寝てました。

 

体調管理、気を付けたいと思います。

小松愛 * ポッドキャスティング * 23:17 * - * trackbacks(0) * pookmark

扁桃腺炎

喉が痛くなってしまい休養していますマスク病院

続・理想現実ラジオの更新も遅れてしまいすみません。

早く回復してアップしたいと思います。

 

 

小松愛 * 雑談 * 18:14 * - * trackbacks(0) * pookmark

05月20日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『落語家役のオーディションを受ける女優』。
扇子でそばを食べたり、架空のお茶を飲むという所作を演出家主導でどんどんと変化させていく。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題では動きのトレースに挑戦しました。

ラーメンを食べる動きを、まずは小道具の丼と箸、コショウを使って演じます。その後に小道具を使わずに、できるだけ同じ動きを演じます。

五感の記憶とかではなく、単に同じ動きを小道具抜きでできるかどうか?体の使い方、感覚的な稽古です。

 

そもそも、小道具を使った方でも、動きの段取りが落とし込めてなくて、ややぎこちない。小道具抜きだと、さらに確認しながらやっている・・・そんな動きになってしまいました。特に小道具の割り箸の数が限られていたので、あまり失敗を重ねられない、というルールでやったので小道具ありの方が、逆に緊張しました。

 

数回繰り返して、ようやく様になってきた感じで、後半に撮影したものを比較してみると、小道具ありも、抜き、割りと近い感じで演じられていたように思います。

 

ただ、今の映像技術では、小道具をCGでキレイに消すこともできるらしいです。とはいえ、できた方が良いですからね。

 

次回は、かけそばと熱いお茶を落語家風に演じる課題に挑戦します。

小松愛 * ワークショップ * 23:57 * - * trackbacks(0) * pookmark

05月17日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』
 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『落語家役のオーディションを受ける女優』。
扇子でそばを食べたり、架空のお茶を飲むという所作を演出家主導でどんどんと変化させていく。

 

***   ***   ***   ***

 

ビール、餃子を食べる動きを「パントマイム風」に演じるという課題に挑戦しました。

前回は「五感の記憶・センスメモリー風」に演じましたが、それに比べて、動きをやや大げさにして、コミカルなイメージを意識した演出になりました。

 

瓶ビールや餃子のお皿の形を手でなぞったり、という仕草を指示されたのですが、撮影したものを確認してみたところ、瓶ビールの形がちょっと大きすぎました・・・コミカルだったので、これはこれでよかったのかな。

ほかにも注いだビールが溢れそうになり慌てて飲む仕草、こぼれたビールをハンカチで拭く仕草などを指示され演じてみました。

パントマイム風にやる時のコツは実は表情なんだな〜と、撮影した映像をみて思いました。見ている側を意識した表情や目線、というのでしょうか、そういう仕草が入った方が良かったかもしれません。

 

それまでは基本は無言で演じていたのですが、最後に、自分が入れたいところで声を出してもいい、ということになり、王冠を拾う際に「よいしょ」や、餃子を食べて「アツアツ」など、声を出してみました。演技自体は大して変わらなかったように見えましたが、声を出すと演じる側は、やりやすくなったような気がします。ただし、無言で演じていた時も、実は小さい声が漏れてしまっていました(笑)

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 01:40 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ