<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

10月11日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題は、演出家から言われた指示に直ぐに対応するという練習をしています。

最初に演じた時は、指示されたことをポロッと忘れてしまったところがありました・・・。

2度目はなんとかできましたが、この練習は記憶力がネックです。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:49 * - * trackbacks(0) * pookmark

10月07日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題ではテキストは同じままですが、新しい演技プランに取り組むことになりました。テキスト前半、予備校の授業のシーンは、今までのに比べると動きが少なくなりました。その点はやりやすくなったので指示されたことは、割とすんなりと演じることができました。次回から、台詞の言い方、間などの細かい指示が入った時に、パッと言われてサッとやることができるか、試していきます。

小松愛 * ワークショップ * 14:49 * - * trackbacks(0) * pookmark

09月30日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題はシナリオの後半部分に微調整を加えて、改めてパッと演じる練習をしました。

細かい動きや、ゆっくり間を取る!台詞や動きを遅くする!という調整が加わっています。

 

前回はうまくできませんでしが、今回はかなり意識してゆっくり演じることができたと思います。

撮影した映像を確認しても、雰囲気が出てきたというか、リアリティが増したというか。

どうしても間やテンポが速くなりがちな私ですが、今回は手応えを感じましたイヒヒ

加わった新しい動きに意識がいくと、テンポや間が、つい速くなってしまいます。

動きがある程度、頭に入ってくれば、なんとか、テンポ・間のコントロールができそうですグッド

 

全体的には結構うまくいっていたのですが少し台詞を間違えてしまい、演技が終わってから、思わず笑いが込み上げましたたらーっ

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:34 * - * trackbacks(0) * pookmark

09月23日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

暫くお休みだった演技術探究会、再開となりました!

久々すぎるので、各論課題は忘れかけていた台詞と動きの確認をして終わりました見る

 

探究会がお休みだった間に、これまでの演技術探究会の資料をし整理したのですが、苦手だった課題の資料が出てきました。

以前は「様々な演技プランを考えられるようになりたい!」と、毎回即興の課題をやっていたのでした。

懐かしい資料が出てきました!と、猪本に話したところ、「『即興稽古が苦痛なので課題を変更してください!』と、ギブアップし、演技プランを考えられるようになるよりも『指示されたことをすぐにできるように!』と、目標設定を変更したんでしたね〜」という話をされ・・・あまりに苦手だったので、この稽古は辞めたことを思い出しましたたらーっ

膨大な資料のどれだけが身になっているのか、恐ろしくなりますね。

 

小松愛 * ワークショップ * 13:21 * - * trackbacks(0) * pookmark

ポッドキャスト更新しました

裏理想現実ブログに『続・理想現実ラジオ』をアップしました。

間が空いてしまい申し訳ありません。

今回も中東問題についてです。

ご愛聴のほど、よろしくお願いしますラジオ

 

お楽しみブログにて更新している音声番組『LogicalSweetVoice』は

もう暫く時間がかかります、申し訳ありません。

 

演技術探究会や録音のお休みを利用して、部屋の片づけを始めましたほうきごみごみ箱

これまでの演技術探究会の資料が沢山あるのですが

実はお恥ずかしい話、保管をしているだけの状態で・・・

きちんと整理して日頃から見直しできるようにするのが目標です本

 

小松愛 * ポッドキャスティング * 22:46 * - * trackbacks(0) * pookmark

暫くお休みが続いています

諸事情により、演技術探究会のお休みが続き、ポッドキャストの録音も滞っております。

楽しみにしてくださっている方には申し訳ありません。

ポッドキャスト、次回の「続・理想現実ラジオ」では中東問題を取り上げます。

前回の『シリアの混乱はいかにして始まったか?』を話すにあたって、シリア以外の中東の国々についても色々と教えてもらったのですが、前回は喋る時間がなく、引き続き中東問題を掘り下げてみたいと思ってテーマに取り上げました。

参考にイギリスの三枚舌外交の頃を描いた映画映画「アラビアのロレンス」も観ました。

映画は歴史を知った人が見たら奥深いものだと思うのですが、私にはちょっと難しかったですね。

一番おどろきだったのは、映画自体が4時間もある超大作だったことです驚き

ちゃんと最後までみましたよ!

来週にはポッドキャストを更新できる予定でいますので、今しばらくお待ちくださいわーい

 

 

 

小松愛 * ポッドキャスティング * 22:59 * - * trackbacks(0) * pookmark

8月30日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題はシナリオの後半に取り掛かっています。

指定された動き、台詞回しを確認し、数回繰り返しました。

この日は、確認をして動きを馴染ませて終了、次回から撮影などに入る予定です。

 

裏理想現実ブログで8月末更新予定だったポッドキャスティング

「続・理想現実ラジオ」ですが都合により収録が遅れております。

楽しみにしてくださっている方には申し訳ありませんモゴモゴ

今しばらくお待ちください。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 11:31 * - * trackbacks(0) * pookmark

08月26日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題はシナリオ後半部分に入りました。まず演出プランを説明してもらいました。

シンプルプランに比べて、動きやセリフの言い回しにも細かい指定があり、なかなか覚えるのは大変そうです。

一通りメモを取って、後半部分を3つに分けて実際に動きを1度、ゆっくり確認しましたが全然、覚えきれません!

急いで取ったメモは字が汚くて「これ、なんだっけ?」となることが、たまにありますね・・・。

あと、本当に漢字が書けなくなっていて、人にはお見せできません!

時間がなく、この日は1度確認しただけ。次回から本格的に実演していきます。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 17:30 * - * trackbacks(0) * pookmark

08月19日(土)の演技術探究会 & お知らせ

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

会議や録音などで、久々の演技術探求会でした。台詞が出るまでに少し時間が掛かったり、語尾が少し変わってしまったり。期間が空いて少し忘れてしまっていました。

数回、台詞の読み合わせをして、テキスト後半部分に取り組みます。以前にやった、シンプルな動きの復習をしました。
次回から、サッと言われてパッとやる課題の新しい演出をしてもらいます。

備忘録としてシンプルプランの撮影をしたのですが、台詞が出るまでに、間ができてしまったところがありました。

撮影した動画を確認してみると、意外とそんなに違和感がありませんでした。
それよりも、他の部分の演技が全体的に早く、もう少し余裕をもって演じてもいいな〜という感じで、やはり自分は演技が早いみたいです。

ゆっくり演じる指示が入った場合、うまく、できるかが心配です。

 

 

***   ***   ***   ***

 

それから、裏理想現実ブログの音声番組の更新が遅くなり申し訳ありません。

 

今週は、18日の新聞一面を取りあげて語る予定でしたが、以前にも語ったことのあるテーマだったので、19日にずらしたところ、これも以前のものと重なっていました。

20日の新聞まで待つことにしたため、配信が遅くなっています。楽しみにしてくださっている方には、申し訳ありませんが、引き続きよろしくお願いします。




 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 09:43 * - * trackbacks(0) * pookmark

08月12日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

お休みやら会議やらがあり、久々の演技術探究会となりました。

 

サッと言われて、パッとやる課題が続いています。

前回やったところの復習でしたが、1つずつわけてやっていた2つのパートを

1つにまとめて長めに実演、撮影しました。

少し忘れていたとところもありましたが、2〜3回繰り返し、なんとか思い出して演じることができました。

次回から後半パートに入ります。前半は動きの指定が多かったのですが、後半は感情的な表現の指示が多くなるようなので、難易度が上がるとのこと、楽しみです。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 23:00 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ