<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

12月16日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】総合稽古『作品を仕上げる感覚』

 

 ここ最近の演技術探究会では、毎回稽古テーマを決め、その部分のスキルを重点的に磨くことを目的としてきた。いわば作品全体の完成度よりも、パーツパーツのチェックを優先する形式。パーツ自体に問題がなければ、その課題はクリアという判断で稽古を進めてきた。

 しかし、ひとつの作品を仕上げるためには、パーツを組み合わせるという機械論的アプローチの他に、ゲシュタルト的(=全体的)な視点も必要となってくる。昔からよく挙げられる例を出すなら、『音符ひとつひとつを磨き、かつ、メロディ全体も意識する』という考え方。

 そこで今回は、『演出家の思い描く理想の作品像に、役者の演技を出来る限り近づける』ことを目的とした総合稽古を行う。役者はどういう技術を使ってもOK。とにかく作品としてのクオリティが上がればよい。音符よりもメロディに……、プロセスよりも結果に焦点を当てるスタンス。

 本日より課題シナリオを一新。
 読み合わせ、及び演出家による演出プランのプレゼンを行う。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は生活保護受給額についてでした。

「2007年度」とか「などだ」といった、ナ行・ダ行がとても苦手ショック

1回目・2回目ともに1箇所ずつチェックが入ってしまいました。

1年間で何回噛んだか、%を出しているので気になります・・・。

 

総合稽古は新しいテキストになり、セリフ合わせをして終わりました。

次回から、演出をつけてもらいます見る

 

小松愛 * ワークショップ * 12:53 * - * trackbacks(0) * pookmark

11月11日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題では前回、演出プランの説明を受けました。今回は実演に取り掛かります。

前回の演出プランに加えて直前に指示が加わって、言われてからサッと演じ、2回ビデオで撮影しました。

1回目の演技の後に、もう少しゆっくり演じるよう指示がありました。

1回目、2回目ともに、まだギコチナサがありますが言われたことはクリア出来ているかな、という感じです。ゆっくり演じるのが苦手なので、もう少しそこが上手くできれば良かったな〜と思います。

 

演出から指示を受けてサッと実演をするという課題はこれで終了です。

次回からは、新しい課題&テキストになるので楽しみです。

小松愛 * ワークショップ * 10:23 * - * trackbacks(0) * pookmark

11月08日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***

 

お休みやポッドキャストの収録などがあり、久々に各論課題に取り組みました。

テキスト後半部分の新しい演出プランの細かい説明を受けました。

その間、私の仕事はメモです鉛筆

 

演技を変えるには、役の気持ちを考えてるやり方もありますが・・・

私の場合は単純に、間、タイミング、音の高低、強弱を変えなければと考えています。

新しいプランの演出は、私では思い浮かばないようなものばかりで、さすがです。

 

次回から、できるだけ早く落とし込んで実演する練習になります。

 

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 20:40 * - * trackbacks(0) * pookmark

11月04日(土)演技術探究会

【1】ポッドキャスティング収録

 

 続・理想現実ラジオ95『中東を理解するためのキーワードpart2』収録。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 台詞確認を目的とした、読み合わせ。

 

***   ***   ***   ***

 

遅れてしまっていた、続・理想現実ラジオの収録をしました。

難しいテーマなだけに、時間内に納めるのが難しい回でしたね〜。

次回は別のテーマになりますが、これからも中東問題について少しずつ勉強していきたいと思います。

 

 

収録に時間がかかったので、残った時間で各論課題の台詞合わだけしてきました。

台風で中止になったりして、最近、演技術探究会ができてないので台詞も忘れかけてきてます・・・冷や汗

 

それから公式ブログの更新が遅くなってすみません。

公式ブログの更新が日曜日、お楽しみ計画ブログの更新が月曜日となっているのですが

日曜日に間違えて、お楽しみ計画ブログの記事を書いてボケッとしておりましたたらーっ

小松愛 * ワークショップ * 21:59 * - * trackbacks(0) * pookmark

2週連続台風

2週連続で台風がくるなんて珍しいですねundefined

念のため今週末に予定していたポッドキャスト収録を中止にしました。

そのため報告することがあまりないのですが・・・たらーっ

 

天気も悪く寒いのでコタツを出して、自宅にて録画して溜めてある

映画やドラマを見て過ごしていますみかんお茶

 

小松愛 * ワークショップ * 13:27 * - * trackbacks(0) * pookmark

10月19日(木)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***   

 

各論課題は新しいプランの演出プランの説明を軽くしてもらい終わりました。

この日はポッドキャストの打ち合わせをしたので稽古の時間が少なくなりました。

また、大型の台風が接近しているため週後半の稽古は念のため休みに。

油断していると台詞を忘れてしまいますねたらーっ

 

皆さんも、台風にはくれぐれも気を付けてお過ごしください台風

 

小松愛 * ワークショップ * 16:42 * - * trackbacks(0) * pookmark

10月11日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題は、演出家から言われた指示に直ぐに対応するという練習をしています。

最初に演じた時は、指示されたことをポロッと忘れてしまったところがありました・・・。

2度目はなんとかできましたが、この練習は記憶力がネックです。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:49 * - * trackbacks(0) * pookmark

10月07日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題ではテキストは同じままですが、新しい演技プランに取り組むことになりました。テキスト前半、予備校の授業のシーンは、今までのに比べると動きが少なくなりました。その点はやりやすくなったので指示されたことは、割とすんなりと演じることができました。次回から、台詞の言い方、間などの細かい指示が入った時に、パッと言われてサッとやることができるか、試していきます。

小松愛 * ワークショップ * 14:49 * - * trackbacks(0) * pookmark

09月30日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題はシナリオの後半部分に微調整を加えて、改めてパッと演じる練習をしました。

細かい動きや、ゆっくり間を取る!台詞や動きを遅くする!という調整が加わっています。

 

前回はうまくできませんでしが、今回はかなり意識してゆっくり演じることができたと思います。

撮影した映像を確認しても、雰囲気が出てきたというか、リアリティが増したというか。

どうしても間やテンポが速くなりがちな私ですが、今回は手応えを感じましたイヒヒ

加わった新しい動きに意識がいくと、テンポや間が、つい速くなってしまいます。

動きがある程度、頭に入ってくれば、なんとか、テンポ・間のコントロールができそうですグッド

 

全体的には結構うまくいっていたのですが少し台詞を間違えてしまい、演技が終わってから、思わず笑いが込み上げましたたらーっ

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:34 * - * trackbacks(0) * pookmark

09月23日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

暫くお休みだった演技術探究会、再開となりました!

久々すぎるので、各論課題は忘れかけていた台詞と動きの確認をして終わりました見る

 

探究会がお休みだった間に、これまでの演技術探究会の資料をし整理したのですが、苦手だった課題の資料が出てきました。

以前は「様々な演技プランを考えられるようになりたい!」と、毎回即興の課題をやっていたのでした。

懐かしい資料が出てきました!と、猪本に話したところ、「『即興稽古が苦痛なので課題を変更してください!』と、ギブアップし、演技プランを考えられるようになるよりも『指示されたことをすぐにできるように!』と、目標設定を変更したんでしたね〜」という話をされ・・・あまりに苦手だったので、この稽古は辞めたことを思い出しましたたらーっ

膨大な資料のどれだけが身になっているのか、恐ろしくなりますね。

 

小松愛 * ワークショップ * 13:21 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ