<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 01月06日(土)の演技術探究会 | main | 01月20日(土)の演技術探究会 >>

01月10日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 読売新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】総合稽古『作品を仕上げる感覚』

 

 『演出家の思い描く理想の作品像に、役者の演技を出来る限り近づける』ことを最優先とする、総合的な稽古を行う。役者はどういう技術を使ってもOK。とにかく作品としてのクオリティが上がればよい。

 本日は細かい修正を後回しにして、とにかくまずはベースとなる演出プランを小松Pに演じてもらい、それを撮影してみる。

 

***   ***   ***   ***   

 

総合稽古ではテキストの始めから終わりまでを通して、ビデオで撮影してみました。

「前半は余裕があり→途中でハプニング発生→後半は焦る」というシーンの流れを表現します。

 

ビデオの映像を確認してみると、ハプニング発生から焦るというよりも、元気がない感じに見えてしまいました。

それと後半の焦るシーンで、セリフを間違えてしまいました。

間違えないのが一番なのですが、セリフを間違えたときに「しまった!」という表情を出さず、何食わぬ顔でそのまま演じるのが難しいですモゴモゴ

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 21:26 * - * trackbacks(0) * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ