<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 02月10日(土)の演技術探究会 | main | 02月24日(土)の演技術探究会 >>

02月17日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 琉球新報の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】総合稽古『作品を仕上げる感覚』

 

 『演出家の思い描く理想の作品像に、役者の演技を出来る限り近づける』ことを最優先とする、総合的な稽古を行う。役者はどういう技術を使ってもOK。とにかく作品としてのクオリティが上がればよい。

 本日は課題シナリオをいくつかのビートに分け、各ビートごとに表現を微調整。
 その結果を動画で撮影し、出来栄えを客観的にチェックする。

 

***   ***   ***   ***

 

総合稽古はビート2に進みました。

余裕しゃくしゃくだったキャラクターが、ハプニングに見舞われて焦る!という流れのシーンです。

 

ビート1・・・余裕

ビート2・・・ハプニング発生 

ビート3・・・焦り 覚悟を決めて次なる対応へ

 

ビート2は、余裕だったビート1から、問題が発生し最初は状況が掴めない、という感じから徐々に焦ってくる移行を表現します。

小道具のお菓子を使って、それを表現する演出プランでした。今回はじゃがりこを使いました。

ボリボリ食べていたのがピタリと動きが止まるとか、状況が掴めず、また無意識にお菓子を口元に運ぼうとする、とか。

面白い演出プランだな〜と思いましたし、お菓子も食べられてヤッター!という感じです。

次回、さらに細かく練習していきます!

 

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 12:54 * - * trackbacks(0) * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ