<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 06月02日(土)の演技術探究会 | main | 06月13日(水)の演技術探究会 >>

06月06日(水)の演技術探究会


【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】総合稽古『作品を仕上げる感覚

 

 『演出家の思い描く理想の作品像に、役者の演技を出来る限り近づける』ことを最優先とする、総合的な稽古を行う。役者はどういう技術を使ってもOK。とにかく作品としてのクオリティが上がればよい。

 ここまで演技プランを何度も練り込み、表現のクオリティを上げてきた。
 最後の仕上げとして、いくつかのアングルからこの場面を撮影し、完成度をチェックする。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は6月6日の朝日新聞より、イタリア新政権発足についてでした。

 

借金を抱えてているイタリアに対して、EUは「社会福祉を減らせ」「公務員の給料減らせ」「節約しろ!」などと、圧力をかけているそうです。EUと言っても、実質はドイツ・フランスで。現在は経済が安定しているドイツは東西統合の際に、東ドイツの財政難を立て直すべく、物凄ーく節約した過去があるそうです。そうした苦労を乗り越えて今は他の国の借金を肩代わりしている状態。借金している側の国を見ると、全然、緊迫感がないように見えるのでしょうね。

 

これは私の勝手なイメージではありますが、ドイツは日本人にも似た気質で真面目な感じがします。逆にイタリアやスペイン、南米とかは、今を楽しむことが優先!みたいな感じがします。EUから「節約しろ!」ばかり言われて、結局イタリアは反EUを掲げる新政党に人気が集中したという。日本は国内での借金だから、まだマシという話もよく聞きますね。

 

朗読自体、噛んだところはなかったのですが、タイムがあまり縮みませんでした。

 

そして、本当に久々に総合稽古をやりました、当然、動きを忘れているのでまずは復習。少しだけ新しい動きが加わり、微調整ののち、撮影をしました。ちょっと動きが早くなっているところがあったので、次回、もう一度だけ撮影してこの課題は終了の予定です。

 

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:05 * - * trackbacks(0) * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ