<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 06月13日(水)の演技術探究会 | main | ポッドキャスト、更新しました >>

06月23日(土)の演技術探究会


【1】『LogicalSweetVoice』の取材

 

お楽しみ計画ブログ(アクセスキーをお持ちの方しか見られません)で

配信している単独ラジオ『LogicalSweetVoice』の台本作りのため

猪本からの取材に答えました。次回は、宮城県にお墓参りに行ってきたことの話になります。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 世の中には様々な脚本(物語・キャラクター)があり、俳優は多種多様な演技を求められる。そのことを前提とした上で、あえて定番と呼ばれるシーンにのみフォーカスを当て、表現の幅をどれだけ広げられるかを実験する。

 たとえば今回の課題シナリオでは、ワインを飲み続けるキャラクターが登場する。

 酔っ払う演技は映画、ドラマ、演劇などで比較的よく観掛けるし、「ある程度、こんな感じの表現になるだろう」という予想もつきやすい。その結果、知らず知らずのうちに紋切り型の芝居に陥るリスクが常につきまとう。

 その点を改めて自覚し、(なるべく)誰も観たことがないような“酔っ払い”を追い求めることで、演技的発想力を強化する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論稽古、新しいテキストになりました。

今回は、酔っ払いの演技に取り組みます。

よくあるシーンだけど、紋切り型にならないように、

且つ面白い表現になるように、という課題。

 

確かに、酔ったシーンって、ドラマや映画でよく見ますよね。

でも、実際にお酒は飲んではいないわけですよね。

リアリティも出さないといけないし、ありきたりじゃ、つまらないし。

どうやって新しい表現ができるか、難しそうだけど、面白い課題だな〜と思いました。

 

とりあえず、今日はリアリティー追及のため飲んじゃいます(笑)

 

 

小松愛 * ワークショップ * 21:34 * - * trackbacks(0) * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ