<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ポッドキャスト更新しました | main | 10月20日(土)の演技術探究会 >>

10月12日(金)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 世の中には様々な脚本(物語・キャラクター)があり、俳優は多種多様な演技を求められる。そのことを前提とした上で、あえて定番と呼ばれるシーンにのみフォーカスを当て、表現の幅をどれだけ広げられるかを実験する。

 前回の稽古からだいぶ時間が空いてしまったため、本日は読み合わせ及び台詞暗記確認を繰り返し、演技感覚を取り戻す。

 

***   ***   ***   ***

 

久々の演技術探究会となりました。

 

社説朗読は毎日新聞より沖縄の基地問題についてでした。

今回の県知事選でも県民の多くが辺野古移設に反対の意思を示していましたね。

アメリカの中には「県民が反対しているなら、基地を沖縄にする必要はないんじゃない? 他の場所でもいいんじゃない?」という声もあるそうです。

むしろ、辺野古移設が唯一の移設先と言っているのは日本側(官僚)という説もあります。
私的には、その説で間違いないと思っています!


玉城デニーさんは、普天間移設ではなく閉鎖ということも言っていました。

そこは交渉術なのかもしれませんが。基地があったから玉城デニーさんと言う方が存在するわけで、ご本人も基地問題については一過言お持ちだと思います。

 

これからどうやって移設を阻止するのかは、具体的なプランがまだ見えないので、過度な期待は禁物なんですが。

是非、DJ経験を生かして情報発信をしてたくさん味方を増やしていってほしいです。

安倍政権もこれからレームダック化していきます。

官僚や政治家の中にも反安倍派など、味方になりうる人たちはいるはずです。

今回の知事選で(本来なら公明党を支持するであろう)一部の創価学会員の方々が、デニーさんを応援したそうですし。

当選直後の、この波に乗っていってほしいですね。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題は久々だったので忘れていたセリフのチェック(リハビリ)をしました。

あとは台詞を言いながら折り紙。

何かをしながらだと、台詞のウィークポイントが浮き彫りになります。

 

しかし鶴を折るつもりが、やり方が分からなくなってしまいました(笑)
次回からは、新しい演出プランになっていく予定です。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 11:36 * - * trackbacks(0) * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ