<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 10月12日(金)の演技術探究会 | main | 10月24日(水)の演技術探究会 >>

10月20日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 世の中には様々な脚本(物語・キャラクター)があり、俳優は多種多様な演技を求められる。そのことを前提とした上で、あえて定番と呼ばれるシーンにのみフォーカスを当て、表現の幅をどれだけ広げられるかを実験する。

 本日は新しくなる演出プランの具体案を書面にて確認。
 演者側に芝居の方向性をつかんでもらう。

 

***   ***   ***   ***


この日は稽古だったことをすっかり忘れて、猪本を1時間以上待たせてしまいました。

アルバイトが終わってから、ほっとして家でくつろいでしまいました。

 

以前から物忘れが激しいのですが、ここ最近、進化しているみたいで自分でも危機感を覚えます。

しかも、ここ最近何回かそういうことがあるんです。

 

アルバイト始めて、まだリズムが掴めてないのか、疲れているのか。

稽古場の場所を間違えるというのは前から、ちょくちょくあったんですけどね。

 

ということで、短縮稽古。

 

朗読は朝日新聞10/19の社説から、内容はKYBのデータ改ざんについてでした。

データ改ざん、相変わらずなくなりませんね。

 

日本は検査基準が細かすぎるので、現場にいる人たちは、ここまでしなくても大丈夫と省いてしまうのかもしれません。

本当に不要な検査なら、ルール自体を変えればいいと思います。

 

日本は基本は終身雇用で、隠蔽体質になりがち。

欧米は流動的で人の入れ替わりが激しいそうです。

人が変わると、以前の人が行った不正が発覚しやすい、というような比較の話もありました。

なるほど〜。

 

各論課題では、新しい演出プランの演出メモを見せてもらいました。

これまでやったのとは、かなり変わり、なかなか、難しそうです。

台詞を言いながら、文字を書いたり、細かい手作業があります。

新しい台詞の追加もありました。

 

私が遅れたせいで、今日は説明のみ。

次回から、新プランに対応できるか実践していきます。

 

小松愛 * ワークショップ * 19:56 * - * trackbacks(0) * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ