<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 07月12日(金)の演技術探究会 | main | 07月26日(金)の演技術探究会 >>

07月16日(火)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『自分から遠いキャラクターを演じる』

 

 今回の課題シナリオには、小松Pの“日常の引き出し”とはほぼ無縁のキャラクターが登場する。その役を演じながら、『自分から遠いキャラクター』を演じる時に、どういうアプローチがありうるのかを具体的に探究していく。

 本日は、演じる側と演出する側のコンセンサス作り。
 まずは演出家が、現段階での演出プラン(登場人物の設定、場面のバックストーリー、使用する小道具、挑戦したい表現、等々)をプレゼンする。
 その内容にわからない点があれば、役者側はその都度確認。
 このキャッチボールを繰り返しながら、創作のイメージをお互いに共有していく。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題は小道具を使っての練習をしてみました。

まだ針に糸を通したり、実際に縫うことはしなかったので、形だけなぞる状態です。

実際に、裁縫をしながら演技するのは結構、難しそうです。

何回か繰り返して、動きとセリフのタイミングなどを確認しました。

 

小松愛 * ワークショップ * 22:13 * - * trackbacks(0) * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ