<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ポッドキャスト、更新しました

ものすごく久しぶりに、ポッドキャストを更新しました。

久々の「瓦版ビギナーのつぶやき」です。

舌が回ってない気がします(笑)

 

これから順調に再開できたらと思います。

今後も、よろしくお願いします〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椿が綺麗に咲いていました。

 

 

 

 

小松愛 * ポッドキャスティング * 14:52 * - * - * pookmark

明日は

ものすご〜く久々になってしまいました。

1月1日以来の更新で、自分自身がびっくりしています。

 

明日、久々に会議の予定なのですが天気が荒れるようで、少し心配です。

 

少し前に見に行った府中市郷土の森の梅。

まだまだこれから見ごろだったのでもう1度行きたかったのですが、コロナ感染防止のため3/15まで閉館だそうです。

 

 

茅葺と梅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小松愛 * 日々の報告 * 01:29 * - * - * pookmark

2020年 よろしくお願いします

あけましておめでとうございます。

 

 

タイワンリス
 

 

 

町田りす園のタイワンリスと撮った写真です。

リスもネズミの仲間ということで。

 

 

去年は、なかなか稽古やポッドキャストの更新ができませんでしたが

今年は、しっかり稽古してポッドも復活したいと思います。

引き続き、宜しくお願いします。

 

 

小松愛 * 雑談 * 19:43 * - * - * pookmark

箱根旧街道を

先日、箱根旧街道をワラジで歩いてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

顔パネは冗談ですが、本当にワラジで歩いてきたんですよ。

しかも、自分で編んだワラジなんです。

縁あって、このようなイベントに参加させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

登りは大変なので、箱根湯本から路線バスで関所跡まで移動し

歩いて降りるというコースです。少し登りもありますが。

 

 

 

 

 

 

箱根に行ったのは10年ぶりくらいだと思います。

台風の被害が大きいと聞いていましたが、箱根湯本駅前にはたくさんの

観光客や大型バスで賑わっていました。

思っていた以上に海外のお客様も多くて、びっくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧街道の杉並木です。ものすごく太い杉がたくさんありました。

わらじで歩いてみると、足の親指の付け根に鼻緒が食い込んで、結構痛かったです。

靴下を二重履きしていても痛くて、何度か微調整しました。

 

七五三の時に、草履の鼻緒が足の指の付け根にあたり痛くて歩けなくなり、

祖父が下駄屋さんをやっていたので、鼻緒を調整してくれたのを思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

芦ノ湖では、鳥居の向こうに富士山も見えましたよ。

いつも見られるわけではないので、ラッキーだったみたいです!

現在は海賊船バージョンが大人気で長蛇の列ができていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが、メインの石畳です。
石畳を歩くときは、足元をよく見て、道を選ばないと危険なので

意外と景色を楽しむ余裕がなく、必死。この時点で既に、脛に変な痛みが。

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、立派な茅葺屋根の甘酒茶屋で休憩。

私としては、ここで終了でも充分な位でしたが、この後、小一時間ほど歩き

無事に畑宿にゴール!!バスに乗って下山しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘酒茶屋の隣にある資料館にあった、草鞋で歩く人や籠を担ぐ人の絵です。

昔の人は、1日で40kmも歩いたと聞くのですが、耳を疑うばかりです。

普通の靴でも、40kmってすごく大変ですよね。

バスに揺られながら、本当に現代版籠って便利だな〜と思いました。

 

帰宅後も3日間くらい、脛が筋肉痛で痛かったですが、面白い体験でした。

 

それから、バスでの移動中に、何度か台風の爪痕を目にしました。

目に見えていない部分も沢山あると思いますし、まだまだ時間はかかると思いますが

復旧作業がスムーズにいくことを祈ります。

 

 

 

小松愛 * 雑談 * 00:29 * - * trackbacks(0) * pookmark

おいとま

11月になり、2019年も残り2か月、早いですね。

諸事情により、しばらく演技術探究会はお休みをしています。

その間、撮りためたドラマを一気に観てます。

 

 

***   ***   ***   ***

 

先日、群馬県と長野県へ旅行に行ってきました。大分前から予定していた団体旅行なのですが、特に長野県は台風の被害もあったため、決行するか団体内や訪問先とも協議の末、旅程を少し変更して行くことになりました。

 

 

 

和学校 和学校

 

 

 

 

長野県の県宝旧和学校(かのうがっこう)です。

教育県の長野、建物は洋風建築を取り入れている箇所もあります。

屋根の鬼瓦には龍と虎が配置されていました、画像は虎側。

案内してくださったガイドさんは、ここの学校の卒業生だそうで、さぞ誇りだろうな〜と思います。中に展示されている教科書や農具など、どれも面白くて、もっとじっくり見たかったです。


 

 

春原家 猫あな

 

 

 

 

国指定重要文化財の春原家(すのはらけ)

 

かわいい猫あながありました。

寒い地域ですし、ねずみを捕る猫はきっと家族にとって大事な存在だったんでしょうね。

 

 

雷電くるみの里 雷電くるみの里

 

 

 

 

相撲取り雷電の出身地にある道の駅、雷電くるみの里。

だれでも雷電にお姫様抱っこしてもらえる顔パネがありました(笑)

 

新鮮な野菜や果物がたくさんあり、シャインマスカットや、りんご、クルミの黒糖菓子などを買いました。

どれもとっても美味しかったです。
 

小松愛 * 雑談 * 02:09 * - * trackbacks(0) * pookmark

10月22日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】復習稽古『キャラクターの演じ分け』

 

 課題シナリオ(※ある企業の新人研修の場面。主人公は研修を担当する社員)を、以下の条件で演じ分ける。
 また、シナリオの後半で研修参加者が何かしらの質問をするので、主人公は自身のキャラクター性を踏まえつつ、即興で返答する。

 

[キャラクターA]
 ・主人公は新人研修のベテラン。
 ・常に落ち着いている。
 ・面白味のあるタイプとはいえない。
 ・相手の質問にしっかりと答えようとする。
 ・寝違えてしまい、首を痛めている。

 

[キャラクターB]
 ・主人公はお調子者。
 ・底抜けに明るく、身振り手振りも派手。
 ・慌て者で、社内でのあだ名は“ミス・ケアレスミス”。
 ・言い間違えや勘違いも多い。

 

[キャラクターC]
 ・主人公はバリバリの結果主義者。
 ・仕事のできない新人が嫌い。
 ・研修も嫌々担当している。
 ・笑わないし、愛想もない。

 

 [キャラクターD]
 ・主人公はとにかく熱い人。
 ・新人教育にも熱心で、面倒見もいい。
 ・早口でまくしたてるところがある。
 ・やたらと両手を広げるジェスチャーを入れる。
 ・時たま見せる笑顔が可愛い。

 

[キャラクターE]
 ・主人公は根っからのあがり症。
 ・プレゼンの場では、常に手が震えてしまう。
 ・「頑張って、研修を成功させるぞ」という意気込みはある。
 ・自分を落ち着かせようとして、水をよく飲む。

 

本日はキャラクターAに挑戦。

 

***   ***   ***   ***

 

復習課題に挑戦しました。

キャラクターAはスタンダードな設定です。お辞儀をした時に、寝違えた首に不意に痛みが走るのですが痛みを隠そうとしたり、質問をされたときにメモを取ったりすることで、真面目さを出そうという演出をつけてもらいました。

 

この日、たまたま本当に首が痛かったのですが、だからと言って指示通りにできるかと言うと、それはまた別問題ですね・・・。

練習は殆どなしで実演した割にはスムーズに演じられたと思います。

 

セリフを間違えた時に、「間違えた」という表情がモロに出てしまうのが自分の弱点なのですが、今回の課題ではセリフ覚えがないので、セリフを噛んだり間違えたりしても「間違えた」という表情は出にくいなと思いました。

 

小松愛 * ワークショップ * 07:00 * - * trackbacks(0) * pookmark

10月18日(金)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】復習稽古『キャラクターの演じ分け』

 

 課題シナリオ(※ある企業の新人研修の場面。主人公は研修を担当する社員)を、以下の条件で演じ分ける。
 また、シナリオの後半で研修参加者が何かしらの質問をするので、主人公は自身のキャラクター性を踏まえつつ、即興で返答する。

 

[キャラクターA]
 ・主人公は新人研修のベテラン。
 ・常に落ち着いている。
 ・面白味のあるタイプとはいえない。
 ・相手の質問にしっかりと答えようとする。
 ・寝違えてしまい、首を痛めている。

 

[キャラクターB]
 ・主人公はお調子者。
 ・底抜けに明るく、身振り手振りも派手。
 ・慌て者で、社内でのあだ名は“ミス・ケアレスミス”。
 ・言い間違えや勘違いも多い。

 

[キャラクターC]
 ・主人公はバリバリの結果主義者。
 ・仕事のできない新人が嫌い。
 ・研修も嫌々担当している。
 ・笑わないし、愛想もない。

 

 [キャラクターD]
 ・主人公はとにかく熱い人。
 ・新人教育にも熱心で、面倒見もいい。
 ・早口でまくしたてるところがある。
 ・やたらと両手を広げるジェスチャーを入れる。
 ・時たま見せる笑顔が可愛い。

 

[キャラクターE]
 ・主人公は根っからのあがり症。
 ・プレゼンの場では、常に手が震えてしまう。
 ・「頑張って、研修を成功させるぞ」という意気込みはある。
 ・自分を落ち着かせようとして、水をよく飲む。

 

 

 この課題は過去に一度挑戦している。
 その時は『演技的発想力を鍛える』という点に主眼を置いたため、演技プランはすべて役者から提案してもらった。
 今回は『演出対応力を鍛える』ことを第一の目的とするため、芝居のプランは演出家が用意。演者はそれをなるべく短時間で具現化することに集中する。

 

***   ***   ***   ***

 

新しい課題になりました。復習稽古と言うことで、昔やったことのある課題です。

この日はイントロダクションのみでしたが、さきほど、昔のやった時の撮影した映像を確認してみました。

映像を見て一番感じたことは、若い・・・ということでした(笑)

映像を確認する限り、課題の条件自体はクリアできていると思います。

数年経って再チャレンジしたときに、果たして上手くなっているのか、気になります。

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 00:09 * - * trackbacks(0) * pookmark

台風

台風19号の被害にあわれた方には、お見舞い申し上げます。

 

理想現実の稽古を本日予定していましたが、まだ台風の影響などを考えて中止にしました。次回からは新しい課題に挑戦する予定です。

この後も雨予報が出ているので、降水量の多かった地域では土砂災害などにも、十分気を付けてお過ごしください。

 

 

 

小松愛 * 雑談 * 15:30 * - * trackbacks(0) * pookmark

10月スタート

10月に入ったというのに、今日も日中は暑かったですね。2019年もあと3か月とはびっくりです。

 

私のスケジュールや諸々の都合で、今週前半の演技術探究会はお休みになりました。

 

長らく更新できていないポッドキャスト。目指せカープ女子のコーナーがありますが、残念ながら今年のカープは上位に残れませんでした。また今日から次のシーズンに向けての練習が始まるのですね・・・。

 

ひとまず、10/5㈯に、会議か稽古か活動再開予定です。

小松愛 * 雑談 * 22:38 * - * trackbacks(0) * pookmark

09月24日(火)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『自分から遠いキャラクターを演じる』

 

 急遽追加した『演じ分け』の課題を探究。
 バージョンa(主人公は思いやりがあり、友達のことを本気で心配している)を動画撮影し、この課題は終了とする。

 

***   ***   ***   ***

 

更新が遅くなってしまいすみません。

体調不良やスケジューリングミスなどが重なり、ノビノビになってしまった各論稽古ですが、この日、演じ分け課題の撮影をして、とにかく終わらせようと言うことになりました。

 

撮影した映像を確認したところ、優しい先輩役ということで笑顔を足す予定でしたが、当日疲れ気味だったせいか?思っていたよりも笑顔が少なく、またまた冷たい印象になってしまいました。2回撮影しましたが、2回目はセリフを言いながらやる裁縫の針に糸が通らず、焦りました。セリフ終わりまでに作業を終わらせることにいっぱいいっぱいで、殆ど無表情な演技になってしまいました。

 

もう少し上手にできればよかったのですが、安定感がイマイチでした。しかし、これで自分から遠いキャラクターの役は終了です。できないことはないのですが、裁縫が嫌いなので、課題が無事に終了してよかったです。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 21:14 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ