<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

02月11日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

 

***   ***   ***   ***

 

久々の演技術探究会でした。

社説朗読は噛み、ナシチョキ

 

各論稽古では割と得意なアクション動詞を振って、演技に変化を付ける課題をやりました。

同じセリフでも、それぞれのアクション動詞を意識して演技を変えていく方法です。

 

パターン1、|埜世垢襦´⊆け流す じらす

パターン2、ヾ困┐督む △わす ほのめかす

 

録画した映像を見たところ変化はありました。

パッと言われて、サッとやるのがアクション動詞なので深く考えている時間がないのですが、

「受け流す」と「かわす」とか、微妙な違いは、かなり難しいです〜。

 

そして、次のアクション動詞なんだったっけ?と考えながらやってるので、今は3つまでが限界・・・。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 20:37 * - * trackbacks(0) * pookmark

演技術探究会、お休み

今月から演技術探究会の曜日が不定期化しました。私の都合で、土曜だったものを今週は日曜にやる予定でしたが、今日は猪本が微熱のため急遽休み。

寒いですから、悪化しないといいんですけど。体調には気を付けたいですね。

 

稽古が不定期でも、ブログはできるだけ定期的に更新していきたいと思います〜。

小松愛 * ワークショップ * 22:31 * - * trackbacks(0) * pookmark

お楽しみブログ

ポッドキャストの録音を優先したため、演技術探究会が出来ていません。

すっかり各論課題の動きを忘れていますね〜たらーっ

 

お楽しみブログにて配信している『LogicalSweetVoice』の収録をしてきました。

今回はすごろく対決です!サイコロサイコロ

アクセスキーをお持ちの方は、是非チェックしてみてください音符

 

 

 

小松愛 * ポッドキャスティング * 23:11 * - * trackbacks(0) * pookmark

ポッド配信休止のお詫び&今後の予告

猪本の発熱ダウンにより、今週はポッドキャストがお休みとなりました。

1月31日(火)配信の『続・理想現実ラジオ87』では、昨年末に行われた日露首脳会談を取り上げます。

今年は国際情勢について学ぶ予定なので楽しみです。


それと、2月に配信する『映画談義シリーズ15』では、リドリー・スコット監督の
『ブレードランナー』に挑戦します。

カルト的な人気を誇っている(らしい)SF映画だそうですが、難解な映画でもあるそうで、ちゃんと最後まで見られるか心配です。

 

***   ***   ***   ***

 

さて、演技術探究会では、年明け前から続けている課題に再挑戦しました。

チェスは実際のところ、やったことがないのでゲーム感のリアリティが良くわかりません。

動きはできるだけそのままに、オセロに変えて、その感覚をつかめないか実験してみました。

 

しかし、オセロは駒をひっくり返す作業が入るため、チェスと同じような動きをするのが難しく、ゲームにもなかなか集中できず。

本当にオセロをやっているときの感じは、あまり掴むことができませんでした・・・。

ゲームとしての息遣い・・・呼吸みたいのが入るとリアリティが出ると思うのですが、なかなか難しいです。

小松愛 * 活動報告 * 13:29 * - * trackbacks(0) * pookmark

2017年、初の稽古

【1】朗読稽古

(成長を実感するために)1年前と“ほぼ”同じ課題に挑戦。

 

[練習01]
毎日新聞の社説をクリアな滑舌で音読する。

 

[練習02]
クリアな滑舌で社説を読みながら、同時に“連想ゲーム”を行う。
(連想ゲームは、音読と同時進行で手元の用紙に書き出していく)
連想のテーマは、『夏休みの風物詩』。
社説を読み終わる前に、最低でも7個は書き出すこと。

 

[練習03]
クリアな滑舌で社説を読みながら、同時に“尻取り”を行う。
(尻取りは、音読と同時進行で手元の用紙に書き出していく)
尻取りのカテゴリーは、『夏休みの風物詩』に限定。
社説を読み終わる前に、最低でも7個は書き出すこと。

 

[稽古の狙い]
・様々な負荷を掛けられても、綺麗な滑舌を保てるように。
・発想力、メタ認知力の強化。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

昨年の稽古プログラムを総復習する。

 

***   ***   ***   ***

 

2017年、最初の稽古で去年の社説朗読「噛み率」が発表されました。

 

丁寧に、これまでの噛み率も履歴として渡してもらいました。

 

2014年 53.846%

2015年 52.427%

 

そして、2016年は・・・52.679%

 

実は去年は噛む回数が減ったのではと思っていたのですが、結果を見て「あれ?」という感じでした。

安定した噛み率なので、滑舌はもう少し頑張らないといけませんね・・・。

 

そして最初の稽古では社説朗読しながら、テーマに沿った連想ゲーム、しりとりを紙に書く稽古をやってきました。

これまでのテーマは「年末年始の風物詩」だったのですが、繰り返し行い下準備(ズル)ができてしまいます。

ちなみに、去年のしりとりの結果がこちら。

 

アメ横、紅白、熊手、出初め式、帰省ラッシュ、雪まるま、マラソン大会

雪だるまと書いたつもりが「雪まるま」たらーっ

マラソン大会だけ、年末年始と限らずということでB判定でした。

 

今年からはテーマを変更することになり「夏休みの風物詩」でした。

 

連想ゲームで書いたワードはこちらです。

風鈴、麦わら帽子、アイス、蚊、プール、ラジオ体操、日記

どれもA判定でしたわーい

 

続いて難易度の高い、しりとり。書いたワードはこちらです。

アイス、スイカ、蚊、海水浴、くまぜみ、水遊び、ビーチ

こちらも、すべてA判定でしたウィンク

 

夏休みの方がワードが思いつきやすかったですね。

久々に頭をいじめて脳トレになりました。

 

小松愛 * ワークショップ * 23:06 * - * trackbacks(0) * pookmark

あけましておめでとうございます

2017年、年賀状

 

 

 

 

 

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

酉年なのでフクロウとの写真を年賀状にしてみました鳥鳥鳥

 

 

1週間前に「お正月はグータラしないように」と書いていたのですが、

美味しいものを食べよく眠るの繰り返しで、年が明けてすでに7日たらーっ

録ったままにしていた大河ドラマの後半部分を一気に観ました。

これは一応、勉強ということで。

 

「続・理想現実ラジオ」で時間管理術について学びまして、

まずブログの更新を遅れないようにする!というのが今年の目標です。

 

小松愛 * 雑談 * 22:17 * - * trackbacks(0) * pookmark

2016年もありがとうございました

大晦日、1年間があっという間ですね。

このブログも更新が滞ることがしょっちゅうでしたが・・・1年間、ありがとうございました。

 

今日はポッドキャストの収録をしてきました。

『続・理想現実ラジオ』では時間管理術カレンダーについて考えてきましたよ。

来年からは時間に余裕を持って行動し、ブログの更新もできるようにしていきたいものです!

まずは、このお正月休み、グータラしないように気を付けたいと思います時計たらーっ

 

 

 

 

 

小松愛 * ポッドキャスティング * 23:07 * - * trackbacks(0) * pookmark

12月24日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

各論稽古では、チェスのリアリティのある動き・仕草について集中的に練習しました。前回撮影したものを見ると、緩急が足りないという感想が出てきました。それを克服しようと、ゆっくり演じるところを再確認しました。

通して練習した1回目はうまくいったような感じがしたのですが、いざ撮影したら、ちょっとテンポが合わなかったような気がします。前回よりは、良くなったと思いますが、やっぱり全体的にスピードが速い・・・ビデオで見るとよくわかります。

とりあえず、今年の練習はここまで。続きはまた来年になりました。

来年はもっと間をコントロールできるように頑張ります。

 

小松愛 * ワークショップ * 21:39 * - * trackbacks(0) * pookmark

12月17日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

細かい動きを指示してもらいました。

リアリティーのある、さりげない仕草をつけてもらいました。

それからセリフの言い方をゆっくりにする指示がありました。

どうしても自分の言いやすいリズムがあり、やりやすい方へ寄ってしまうので、セリフ言い方を変えるのは難しいですね。

次回、全部通して練習する予定ですが、あとは記憶力・・・。

 

小松愛 * ワークショップ * 22:31 * - * trackbacks(0) * pookmark

12月10日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

 

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題では、間をゆっくり取って演じることに挑戦しています。

ゆっくり演じることが苦手で間をコントロールするのは、とても難しいです。

実験的に、できるだけゆっくり演じるパターンと、できるだけ早く演じるパターン、2種類を撮影してみました。

比較してみると、セリフをゆっくり言うのと、ゆっくり動くのが苦手のようです。

セリフには決まったテンポのようなものがあって、そこを変えるのが難しい。

ゆっくり動くのは仕草のアイディアがなかなか思い浮かばないのが原因だと思います・・・。

次回は細かい動きをつけてもらう予定なので、もう少し外から強制してゆっくり演じられると思います。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 17:24 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ