<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

05月17日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』
 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『落語家役のオーディションを受ける女優』。
扇子でそばを食べたり、架空のお茶を飲むという所作を演出家主導でどんどんと変化させていく。

 

***   ***   ***   ***

 

ビール、餃子を食べる動きを「パントマイム風」に演じるという課題に挑戦しました。

前回は「五感の記憶・センスメモリー風」に演じましたが、それに比べて、動きをやや大げさにして、コミカルなイメージを意識した演出になりました。

 

瓶ビールや餃子のお皿の形を手でなぞったり、という仕草を指示されたのですが、撮影したものを確認してみたところ、瓶ビールの形がちょっと大きすぎました・・・コミカルだったので、これはこれでよかったのかな。

ほかにも注いだビールが溢れそうになり慌てて飲む仕草、こぼれたビールをハンカチで拭く仕草などを指示され演じてみました。

パントマイム風にやる時のコツは実は表情なんだな〜と、撮影した映像をみて思いました。見ている側を意識した表情や目線、というのでしょうか、そういう仕草が入った方が良かったかもしれません。

 

それまでは基本は無言で演じていたのですが、最後に、自分が入れたいところで声を出してもいい、ということになり、王冠を拾う際に「よいしょ」や、餃子を食べて「アツアツ」など、声を出してみました。演技自体は大して変わらなかったように見えましたが、声を出すと演じる側は、やりやすくなったような気がします。ただし、無言で演じていた時も、実は小さい声が漏れてしまっていました(笑)

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 01:40 * - * trackbacks(0) * pookmark

ワークショップお休み

今週は諸事情により稽古お休みとなりました。

 

今度のポッドキャストのテーマに「比較文学者論」を選びました。

私は普段、殆ど本を読まないのですが・・・今回は小説を読んでみることにしました。

私が興味を持っている石坂洋次郎さんと、太宰治さんについて考えてみる予定です。

 

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 23:51 * - * trackbacks(0) * pookmark

05月06日(土)の演技探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『落語家役のオーディションを受ける女優』。

扇子でそばを食べたり、架空のお茶を飲むという所作を演出家主導でどんどんと変化させていく。

 

***   ***   ***   *** 

 

演出家に動きを支持してもらい、その場で数回練習しすぐに撮影する、という柔軟性を高める練習をしています。

テキストは前回と同じですが、動きの指示が変わります。

今回は、ジェスチャーの部分を、「五感の記憶」風、「パントマイム」風、「トレース」、この3つで演じ分けます。

最初のシーンは「五感の記憶」の練習ではなく「五感の記憶をやっているように演じる」が目指すところです。

動きをスローにしたり、手に取ったものをよく見たり。

動きが次第に早くなっていきパントマイム風になってしまっているところがありました。

セリフ、動きが早くなってしまいがちなのがネックです。

小松愛 * ワークショップ * 22:21 * - * trackbacks(0) * pookmark

04月22日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『落語家役のオーディションを受ける女優』。
扇子でそばを食べたり、架空のお茶を飲むという所作を演出家主導でどんどんと変化させていく。

 

***   ***   ***   ***

 

熱いお茶とかけそばを食べるジェスチャーをしました。

動きはすべて演出家指定です。

かけそばは、扇子を箸に見立てて使います。

扇子を口でいったん咥えて箸を割る仕草を指定されたものの、すっかり忘れてしまい、箸を割らずにそばを食べ始めてしまいました。2回目はなんとか指定通りできましたが、指定された仕草や感情が増えると、ぽろぽろと忘れてしまうのがネックですラーメンお茶

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 10:52 * - * trackbacks(0) * pookmark

04月15日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『落語家役のオーディションを受ける女優』。
扇子でそばを食べたり、架空のお茶を飲むという所作を演出家主導でどんどんと変化させていく。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題ではジェスチャーで「ビールを飲み、餃子を食べる」ビール餃子

という動きを練習しています。

指示されたら、できるだけ早く覚えて演じるという課題です。

 

細かい指示をしてもらい、その中にビールを飲むときに喉を鳴らすという指示がありました。できなかったらやらなくていいということでしたが、やってみようと挑戦してみたものの、うまくできず・・・。

今は練習ですけど、できないものはできないと割り切ることも必要だと痛感。

 

役者さんの中には細かい動きを自分で考えるのが楽しいという人も多いと思いますが、自分は演出家が考えてくれた指示をきいて、よく思いつくな〜と、楽しく関心するばかりです。

小松愛 * ワークショップ * 21:44 * - * trackbacks(0) * pookmark

04月08日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古
朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『落語家役のオーディションを受ける女優』。
扇子でそばを食べたり、架空のお茶を飲むという所作を演出家主導でどんどんと変化させていく。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題は新しいテキストになりました。

指示されてからすぐに対応できるようにする稽古です。

まずは、一番シンプルな演技で撮影しました。

これから色々と細かい指示がついていくようです。

どれだけ変化していくか、楽しみです。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:05 * - * trackbacks(0) * pookmark

演技術探究会お休み

土曜日の演技術探求会は猪本が所用のため、お休みとなりました。

次回から新しい課題になる予定です。

 

今日はお楽しみ計画ブログの音声番組『LogicalSweetVoice』の収録をしてきました。

近々アップする予定なので、アクセスキーをお持ちの方はチェックしてみてください。

テーマは落語です寄席

 

小松愛 * ワークショップ * 22:22 * - * trackbacks(0) * pookmark

03月25日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

今まで練習してきた各論稽古も、この日が最後ということで、軽く復習して撮影しました。動画を見てみると、やっぱりもう少し間を取った方がよかったな〜と思うところがチラホラ。ちょっとの間なんですけど、やっている時に意識するのは、なかなか難しく、後から思うところですチェスチェス

それでも、最初の頃にくらべるとゆったり演じることができるようになったような感じがしますし、演出のおかげでナチュラルさがアップしました。

 

次回はポッドキャストの収録をして、新しい課題に入ります。

演出をつけてもらって、すぐに対応できるような力をつけるための課題になるそうです。

今は1つの課題にじっくり時間をかけて練習していますが、これからは瞬発力を鍛えますダッシュ

小松愛 * ワークショップ * 02:08 * - * trackbacks(0) * pookmark

03月04日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

 

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題では、細かな演出をつけてもらい今までの演技と、その後の変化について撮影して比べてみました。ナチュラルに見えるような仕草、セリフ回しの演出がつきました。

 

今までのプランと、新しいプラン、2種類で見比べるとチェスのゲームしているリアリティーもアップしたように感じました。私は、間を取るのが苦手なのですが、演出をつけてもらった後の方は、かなりゆったり演じるができていたように思います。毎度のことながら演出家が考えてくるプランは凄いな〜と、面白いな〜と思います、さすがです。

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 21:55 * - * trackbacks(0) * pookmark

02月18日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』
 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題はアクション動詞を振って2パターンずつ、演技の変化を試しています。

振られたアクション動詞の深い意味とか、キャラクターやシーンとの整合性よりも、演技を変えるためのアジャストメントツールとして使っています。

 

意義を唱える→許す→熱弁を振るう

悲しむ→機嫌を取る→丸め込む

同じテキストでも、アクション動詞を意識することで演技が変わるかどうか。

撮影した映像を見てみたところ、アクション動詞を覚えるのに苦戦していて、変化が少なくなっていたのが課題です。

 

小松愛 * ワークショップ * 22:49 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ