<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

8月30日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題はシナリオの後半に取り掛かっています。

指定された動き、台詞回しを確認し、数回繰り返しました。

この日は、確認をして動きを馴染ませて終了、次回から撮影などに入る予定です。

 

裏理想現実ブログで8月末更新予定だったポッドキャスティング

「続・理想現実ラジオ」ですが都合により収録が遅れております。

楽しみにしてくださっている方には申し訳ありませんモゴモゴ

今しばらくお待ちください。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 11:31 * - * trackbacks(0) * pookmark

08月26日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題はシナリオ後半部分に入りました。まず演出プランを説明してもらいました。

シンプルプランに比べて、動きやセリフの言い回しにも細かい指定があり、なかなか覚えるのは大変そうです。

一通りメモを取って、後半部分を3つに分けて実際に動きを1度、ゆっくり確認しましたが全然、覚えきれません!

急いで取ったメモは字が汚くて「これ、なんだっけ?」となることが、たまにありますね・・・。

あと、本当に漢字が書けなくなっていて、人にはお見せできません!

時間がなく、この日は1度確認しただけ。次回から本格的に実演していきます。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 17:30 * - * trackbacks(0) * pookmark

08月19日(土)の演技術探究会 & お知らせ

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

 役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

 あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

 そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

 課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
 講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
 同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

 そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

会議や録音などで、久々の演技術探求会でした。台詞が出るまでに少し時間が掛かったり、語尾が少し変わってしまったり。期間が空いて少し忘れてしまっていました。

数回、台詞の読み合わせをして、テキスト後半部分に取り組みます。以前にやった、シンプルな動きの復習をしました。
次回から、サッと言われてパッとやる課題の新しい演出をしてもらいます。

備忘録としてシンプルプランの撮影をしたのですが、台詞が出るまでに、間ができてしまったところがありました。

撮影した動画を確認してみると、意外とそんなに違和感がありませんでした。
それよりも、他の部分の演技が全体的に早く、もう少し余裕をもって演じてもいいな〜という感じで、やはり自分は演技が早いみたいです。

ゆっくり演じる指示が入った場合、うまく、できるかが心配です。

 

 

***   ***   ***   ***

 

それから、裏理想現実ブログの音声番組の更新が遅くなり申し訳ありません。

 

今週は、18日の新聞一面を取りあげて語る予定でしたが、以前にも語ったことのあるテーマだったので、19日にずらしたところ、これも以前のものと重なっていました。

20日の新聞まで待つことにしたため、配信が遅くなっています。楽しみにしてくださっている方には、申し訳ありませんが、引き続きよろしくお願いします。




 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 09:43 * - * trackbacks(0) * pookmark

08月12日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

お休みやら会議やらがあり、久々の演技術探究会となりました。

 

サッと言われて、パッとやる課題が続いています。

前回やったところの復習でしたが、1つずつわけてやっていた2つのパートを

1つにまとめて長めに実演、撮影しました。

少し忘れていたとところもありましたが、2〜3回繰り返し、なんとか思い出して演じることができました。

次回から後半パートに入ります。前半は動きの指定が多かったのですが、後半は感情的な表現の指示が多くなるようなので、難易度が上がるとのこと、楽しみです。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 23:00 * - * trackbacks(0) * pookmark

07月26日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題では予備校講師の講義部分、後半の実演・ビデオ撮影をしました。前々回に一通り、キャラクターのタグ(癖)や、どう見せたいかプレゼンがあり、この日は具体的にレクチャーしてもらいました。今回は前回の前半部分に比べて比較的、抜けなく実演できました。しかし、指示された動きを意識しながら演じているので、ややギコチナイです。すぐにスムーズにできるようになるまでには、具体的な指示を頭に思い浮かべるよりも、頭で演技を繰り返し、短時間でしっかりイメージを掴むことが大事だと思いました。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:44 * - * trackbacks(0) * pookmark

07月22日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題では演出の細かい指示を出されたら即対応するという稽古をしています。今回はテキストの前半部分「予備校講師らしい動き」の説明をしてもらい、実演となりました。説明してもらい2〜3回繰り返してからビデオで撮影をしたのですが、

 

1回目、1か所、指示された手の動きを忘れ・・・。

2回目、手の動きはOKでしたが、追加されたセリフが漏れ・・・。

何か忘れるんですよね〜と、言いながら3回目で、ようやくクリアできました。

 

間違えたことに気が付いたときに、それを顔に出さないようにするのも課題です。それにしても、言われてからパッとやる稽古は、なかなか面白いです。細かい演出がついて、最初のころのシンプルバージョンに比べて予備校の講師っぽくなりました。次回はポッドキャストの収録もする予定ですが、テキスト後半部分も頑張ります!

 

 

小松愛 * ワークショップ * 11:35 * - * trackbacks(0) * pookmark

07月15日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

猪本が体調不良などで稽古の準備があまり進んでいないとのことで、セリフや基本の動きの復習に留まりました。

次回から細かい動きを演出してもらい、すぐに対応できるような稽古になります。

暑い日が続いているので、皆様もくれぐれも体調に気を付けて過ごしてください。

小松愛 * ワークショップ * 17:44 * - * trackbacks(0) * pookmark

07月08日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題、今回は、続きの後半部分の動きを指示してもらい数回繰り返しました。

今は前後半のベースとなる動きを大まかにつけてもらい、次回から、さらに細かい演出をつけてもらいます。

 

動きを説明してもらう間、一生懸命メモをします。とにかく忘れっぽいので、メモ命!

 

ただ、暫く座って話を聞いていると、だんだん眠くなってくるんですよねふぅ〜ん

前の日に、どれだけ寝ていても、もの凄い睡魔がやってきます。

起きてなきゃと思うのですが、自分の力では抗えないほど強力な眠気で、本当に困ったものですたらーっ

 

小松愛 * ワークショップ * 00:58 * - * trackbacks(0) * pookmark

07月01日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『最後の授業を終えた予備校講師』。
講師は予備校の経営方針に不満を抱いており、すでに退職が決定済み。
同僚と雑談をしていても、出てくるのは愚痴ばかり……。

そんな講師の心の動きをどう表現するか、演出家主導で様々なバリエーションを模索する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題はテキストが新しくなりました。前半は独り台詞が続き、後半は相手役との掛合い、2ページです。前半・後半に分けてセリフがきちんと覚えられているかのチェックをしました。

 

前半 初回:ミス3か所 2回目:ミス2か所 3回目/4回目:ノーミス

後半 初回/2回目:ノーミス

 

初回から3回連続パーフェクトを狙ってましたが、残念ながら達成できず。

覚えたつもりでも、ちょっとした間違えが・・・モゴモゴ

これから細かい演出がついていくので、しっかり定着させたいと思います!

 

 

小松愛 * ワークショップ * 20:32 * - * trackbacks(0) * pookmark

06月21日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

讀賣新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『演出家の注文に素早く応える』

 

役者自身がフリーに演じるケースもあるにはあるが、大抵の場合は演出家から何かしらの注文を受け、それを具現化するのが役者の仕事。

あくまで演出家視点の理想論だが、こちらの指示に対し、なるべく短時間、最短距離で『OK』まで辿り着ける役者は頼もしい。

そのあたりの技術を磨くため、ひとつの課題シナリオに対して何種類もの演出プランを準備し、短時間で次々に表現を変える練習をする。

課題シナリオの設定は、『落語家役のオーディションを受ける女優』。
扇子でそばを食べたり、架空のお茶を飲むという所作を演出家主導でどんどんと変化させていく。

 

***   ***   ***   ***   

 

各論課題では、「あついお茶を飲む」「かけそばを食べる」という動作を落語家風に演じるよう指示がありました。

お茶や丼は実際にはないので、持っている振りです。扇子の使い方など細かい指示を受けています。演出をつけてもらってから、少し日にちが空いてしまったので、思い出すために数回練習後、短く3つのパートに分けて撮影をし、最後に通して撮影し、帰宅後に映像を確認しました。通して演じた方が流れが出て上手くできたように思います。

 

指示された動きに素早く対応する課題でしたが、今回の課題は動作重視でしたが、次回から新しいテキストになり、感情の動き重視の演出に素早く対応する課題になります。

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:45 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ