<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

08月11日(土)の演技術探究会&ポッドキャスト収録

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 世の中には様々な脚本(物語・キャラクター)があり、俳優は多種多様な演技を求められる。そのことを前提とした上で、あえて定番と呼ばれるシーンにのみフォーカスを当て、表現の幅をどれだけ広げられるかを実験する。

 前回の稽古でつけた(シンプルな)演出プランを反復練習しつつ、「どうすればリアリティがアップするのか?」を探究する。

 

***   ***   ***   ***

 

この日は稽古&ポッド収録をしました。

 

まず社説朗読は沖縄県知事、翁長さんの訃報と米軍普天間基地の辺野古移設問題の記事でした。

 

翁長さんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

辺野古移設問題については以前からウォッチしています。

大分前から、ポッドキャスト 続・理想現実ラジオ「憲法の使い方」の回で

辺野古移設問題を取り上げると決めていました。

 

各論課題の台詞合わせと、動きを3回ほど繰り返しました。

間があくと忘れてしまうので、サッと切り上げ録音に移りました。

 

途中、雑音が入ってしまったので、撮り直しをすることにしたのですが・・・

そのせいで、全てを録音する前に部屋の退出時間となってしまいました。

 

いつもは、録音すると疲れてしまい演技術探究会ができないことが多いので

先に演技術探究会をしてから、録音をしたのですが、それがアダとなってしまいました。

 

仕方なく、録音しきれなかったエンディングトークだけ車の中で録音することに(笑)


なんとか録音は終わったので、編集が終わったらアップする予定です。

最後だけ音質が違うと思いますが、ご了承ください。

 

小松愛 * ワークショップ * 01:27 * - * trackbacks(0) * pookmark

08月01日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 世の中には様々な脚本(物語・キャラクター)があり、俳優は多種多様な演技を求められる。そのことを前提とした上で、あえて定番と呼ばれるシーンにのみフォーカスを当て、表現の幅をどれだけ広げられるかを実験する。

 本日はまず、課題シナリオにごくごくシンプルな演出をつける。

 その際、「演出家がなぜそのアイデアを思い付いたのか?」というプロセスをなるべく細かく明かすことで、演技を組み立てる面白さを小松Pにも実感してもらう。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は7/25の毎日新聞から、自民党議員の問題発言についての記事でした。

2回目、早口で読むバージョンでは「ものだ」の「だ」がクリアに聞こえないということでNG1箇所。ナ行とダ行が苦手なので、下読みの時にラインを引いているのですが、なかなか難しいです。

 

各論課題は演出をつけてもらい、数回繰り返して動きを覚え込ませました。

超シンプルプランに比べて、すでに酔っ払い感と表現したいことが分かりやすくなってきました。

 

私は忘れっぽいので、動きやタイミングはテキストの余白にメモするよう心がけています。メモしても忘れる・・・。

しかし、猪本の場合は、演出家が自分で考えた動き・タイミングを、テキストに書き込んだ資料を用意してきてくれるので本当に助かります。自分のメモって字が汚くてだんだん分からなくなってきてしまいますからね・・・。タイプしてもらったのだと、読みやすいし、ちゃんと動きは色付きの文字になっているので読みやすいです。

 

小松愛 * ワークショップ * 00:01 * - * trackbacks(0) * pookmark

07月18日(水)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 世の中には様々な脚本(物語・キャラクター)があり、俳優は多種多様な演技を求められる。そのことを前提とした上で、あえて定番と呼ばれるシーンにのみフォーカスを当て、表現の幅をどれだけ広げられるかを実験する。

 さらに今回の稽古では、演出担当の猪本がどういう流れで演技プランを立案しているのかをできる限り可視化することで、『脚本の読み解き方』もあわせて研究する。

 本日は新しくなった課題シナリオの台詞暗記度をチェック。
 ノーミスで3回クリアできたら、暗記完了と認定する。

 

***   ***   ***   ***

 

新しいテキストのセリフ覚えをチェックしました。

今回はセリフは少なめなので、3回ノーミスでクリアできました!

 

次回から演技を作っていく段階になります。

私はセリフを間違えたときに「間違えた!」って、すぐ顔に出てしまう癖があります。

「これからは間違えてもごまかす」ように、とアドバイス受けました。

これは意外と深刻な癖だと思うので、直すように努力します。

小松愛 * ワークショップ * 00:01 * - * trackbacks(0) * pookmark

07月14日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 世の中には様々な脚本(物語・キャラクター)があり、俳優は多種多様な演技を求められる。そのことを前提とした上で、あえて定番と呼ばれるシーンにのみフォーカスを当て、表現の幅をどれだけ広げられるかを実験する。

 たとえば今回の課題シナリオでは、ワインを飲み続けるキャラクターが登場する。

 酔っ払う演技は映画、ドラマ、演劇などで比較的よく観掛けるし、「ある程度、こんな感じの表現になるだろう」という予想もつきやすい。その結果、知らず知らずのうちに紋切り型の芝居に陥るリスクが常につきまとう。

 その点を改めて自覚し、(なるべく)誰も観たことがないような“酔っ払い”を追い求めることで、演技的発想力を強化する。

 さらに今回の稽古では、演出担当の猪本がどういう流れで演技プランを立案しているのかをできる限り可視化することで、『脚本の読み解き方』もあわせて研究する。

 

***   ***   ***   ***

 

今回は久々の座学をしてもらいました。

 

私が寝てしまうので、これまで座学は封印してもらっていたのですが、少しだけならということで、座学解禁。

「猪本はどのように演出プランを考えているのか?」という講義でした。

 

このシーンで最低限表現したいことを4つのテーマに絞って、リストアップしていくという方法。4つの切り口は、すでに教えてもらっていることだったので、全然知らないワードは出てきませんでした。でも、すっかり忘れていたこともありました。

 

ただ、酔っ払いの情報を集めるよりも、先にどういう表現にしたいのかをきちんとまとめてから取り掛かった方が効率もいいですからね!

 

久々の座学は楽しく受けることができました。

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:47 * - * trackbacks(0) * pookmark

06月23日(土)の演技術探究会


【1】『LogicalSweetVoice』の取材

 

お楽しみ計画ブログ(アクセスキーをお持ちの方しか見られません)で

配信している単独ラジオ『LogicalSweetVoice』の台本作りのため

猪本からの取材に答えました。次回は、宮城県にお墓参りに行ってきたことの話になります。

 

【2】各論稽古『定番の表現を再考する』

 

 世の中には様々な脚本(物語・キャラクター)があり、俳優は多種多様な演技を求められる。そのことを前提とした上で、あえて定番と呼ばれるシーンにのみフォーカスを当て、表現の幅をどれだけ広げられるかを実験する。

 たとえば今回の課題シナリオでは、ワインを飲み続けるキャラクターが登場する。

 酔っ払う演技は映画、ドラマ、演劇などで比較的よく観掛けるし、「ある程度、こんな感じの表現になるだろう」という予想もつきやすい。その結果、知らず知らずのうちに紋切り型の芝居に陥るリスクが常につきまとう。

 その点を改めて自覚し、(なるべく)誰も観たことがないような“酔っ払い”を追い求めることで、演技的発想力を強化する。

 

***   ***   ***   ***

 

各論稽古、新しいテキストになりました。

今回は、酔っ払いの演技に取り組みます。

よくあるシーンだけど、紋切り型にならないように、

且つ面白い表現になるように、という課題。

 

確かに、酔ったシーンって、ドラマや映画でよく見ますよね。

でも、実際にお酒は飲んではいないわけですよね。

リアリティも出さないといけないし、ありきたりじゃ、つまらないし。

どうやって新しい表現ができるか、難しそうだけど、面白い課題だな〜と思いました。

 

とりあえず、今日はリアリティー追及のため飲んじゃいます(笑)

 

 

小松愛 * ワークショップ * 21:34 * - * trackbacks(0) * pookmark

06月13日(水)の演技術探究会


【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】総合稽古『作品を仕上げる感覚』

 

 『演出家の思い描く理想の作品像に、役者の演技を出来る限り近づける』ことを最優先とする、総合的な稽古を行う。役者はどういう技術を使ってもOK。とにかく作品としてのクオリティが上がればよい。

 ここまで演技プランを何度も練り込み、表現のクオリティを上げてきた。
 最後の仕上げとして、いくつかのアングルからこの場面を撮影し、完成度をチェックする。

 

***   ***   ***   ***

 

朗読稽古は、6/13の朝日新聞、袴田事件の再審請求についてでした。

 

この事件は警察・検察側の証拠ねつ造の可能性があり、冤罪ではないかと言われてきました。難しい言葉で言うと、「アブソリュート トゥルース」(絶対的真実)は、分からない。しかし「デュー プロセス オブ ロー」(適正手続き)において疑念が残る場合は有罪にすべきではない、という話をしてもらいました。

 

もし、やってもない事件で捕まってしまったら、と考えると本当に怖いです。疑われることって、精神的に相当なストレスになりますよね。

 

ずーっと疑われたり、否定されたり、脅されたりして、孤独な状態が続いたら、普通のコミュニケーションを取りたくなってしまう。「自分がやりました」と言えば、取り調べをしている刑事から「よく言ったぞ!」と褒めてもらえる。「やった」「やってない」、という真実よりも、対人関係に寄りどころを求めてしまうケースがあるそうです。

 

他には、取り調べの状態がいつまで続くのか分からない、先が見えない不安から、ひとまず、「やった」と認めて次のステップに進み、その先でなんとかしようと考える。しかし、裁判で「やってない」と言っても、自白は証拠の女王。そこから無実を証明するのは難しい、というケース。

 

袴田さんは、特別に拘置所には戻されないという措置が取られたそうですが、これまでの長い年月、ご本人や家族の人生、名誉に関わることです。再審と無罪が認められることを心から願います。

 

***

 

総合稽古は、少し演出が加わり、最後の実演・撮影となりました。

 

じゃがりこを食べる動作も、だいぶ落ち着いて演じることができるようになりましたし、もう少しゆっくり演じたら、もっと良かったな〜、とか、微妙なタイミングのズレが気になる「おしい!」と思うところがありました。撮影した映像を見て、かなり客観的に自分の演技を見ることができているな〜、と実感しました。

 

もう2〜3回、練習すればかなり良い状態にもっていけるだろう、ということを、映像を見て感じましたし、恐らくこれが作品を仕上げる感覚、なんでしょうね。

 

次回からは、新しい課題に挑戦します!

小松愛 * ワークショップ * 02:08 * - * trackbacks(0) * pookmark

06月06日(水)の演技術探究会


【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

 

【2】総合稽古『作品を仕上げる感覚

 

 『演出家の思い描く理想の作品像に、役者の演技を出来る限り近づける』ことを最優先とする、総合的な稽古を行う。役者はどういう技術を使ってもOK。とにかく作品としてのクオリティが上がればよい。

 ここまで演技プランを何度も練り込み、表現のクオリティを上げてきた。
 最後の仕上げとして、いくつかのアングルからこの場面を撮影し、完成度をチェックする。

 

***   ***   ***   ***

 

社説朗読は6月6日の朝日新聞より、イタリア新政権発足についてでした。

 

借金を抱えてているイタリアに対して、EUは「社会福祉を減らせ」「公務員の給料減らせ」「節約しろ!」などと、圧力をかけているそうです。EUと言っても、実質はドイツ・フランスで。現在は経済が安定しているドイツは東西統合の際に、東ドイツの財政難を立て直すべく、物凄ーく節約した過去があるそうです。そうした苦労を乗り越えて今は他の国の借金を肩代わりしている状態。借金している側の国を見ると、全然、緊迫感がないように見えるのでしょうね。

 

これは私の勝手なイメージではありますが、ドイツは日本人にも似た気質で真面目な感じがします。逆にイタリアやスペイン、南米とかは、今を楽しむことが優先!みたいな感じがします。EUから「節約しろ!」ばかり言われて、結局イタリアは反EUを掲げる新政党に人気が集中したという。日本は国内での借金だから、まだマシという話もよく聞きますね。

 

朗読自体、噛んだところはなかったのですが、タイムがあまり縮みませんでした。

 

そして、本当に久々に総合稽古をやりました、当然、動きを忘れているのでまずは復習。少しだけ新しい動きが加わり、微調整ののち、撮影をしました。ちょっと動きが早くなっているところがあったので、次回、もう一度だけ撮影してこの課題は終了の予定です。

 

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:05 * - * trackbacks(0) * pookmark

06月02日(土)の演技術探究会


● 朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

***   ***   ***   ***

 

近況報告

 

水曜日の演技術探究会がお休みだったので、土曜日の報告になります。

私の旅行&旅行中のトラブル対応、猪本の都合などで最近、演技術探究会が最近できておらず、今日は久々にガッツリ稽古しましょう!と、意気込んでいたのですが。

 

近所の騒音問題の対応を依頼していたアパートの管理会社の仕事っぷりが酷くて、

そのことについて猪本に相談(愚痴)していたら大半が終わってしまいました・・・。

なので今回も社説朗読だけ。

まだまだこのトラブル、続きそうなので次回からは稽古してから愚痴の順番にします!

 

 

***   ***   ***   ***

 

さて、社説朗読の内容は「同一労働同一賃金の裁判」についてでした。

 

私は役者を目指しているから、これまで正社員を希望したことはないし、非正規雇用でしか働いたことはありません。稽古とか自分の時間が欲しいので、正社員と同じくらい残業するのも難しいし、正社員に比べて責任の軽い仕事しかしていないので、あまりイメージが湧かないのですが。

 

配送業などは、正社員と殆ど同じ仕事しているのに、非正規雇用の人は正社員に比べて給料が2-3割減るのだそうです。業種によっては、こうした不合理があるのですね。で、大抵、こうした訴訟は和解してしまうことが多いようですが、今回は最高裁が不合理な格差は是正すべきという判決を出したそうです。

 

ちなみに、正社員と非正規雇用の一番の違いは、会社が簡単に解雇できるか、なかなか出来ないか、ですよね。

なので、働き方改革、同一労働同一賃金には、会社にアルバイトを正社員にしていってもらおうという政府の狙いがあるようです。日本は年功序列が根強いですが、正社員自体が増えれば、アメリカのように実力主義となり正社員でもわりと簡単に解雇できるようになるのかもしれませんね〜。

 

IT社会になり雇用をとりまく環境自体が変わってきているのに、労働関係の法律は全然追い付いていないわけですね。

日本は大陸法系(法律が先にある)ので、仕方ないかもしれませんけど。

アメリカやイギリスは英米法、判例主義なので変化には強いですが、法的安定性が乏しい、と・・・。そのあたりを再度レクチャーしてもらいました。

 

ユスティニアス法典とか、昔、勉強した気がします(笑)

 

土曜日の報告は以上です〜。

 

小松愛 * ワークショップ * 13:45 * - * trackbacks(0) * pookmark

05月26日(土)の演技術探究会

 

【1】朗読稽古

 

 毎日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】総合稽古『作品を仕上げる感覚』 

 

『演出家の思い描く理想の作品像に、役者の演技を出来る限り近づける』ことを最優先とする、総合的な稽古を行う。役者はどういう技術を使ってもOK。とにかく作品としてのクオリティが上がればよい。

 前回までは課題シナリオをいくつかのビートに分けて細かく調整してきたが、本日より冒頭から結末まで一気に演じるスタイルに戻し、“作品を仕上げる感覚”をさらに研ぎ澄ます。

 

***   ***   ***   *** 

 

水曜日の演技術探究会がお休みだったので、ブログのローテーションとは異なりますが

土曜日の演技術探究会のご報告をさせてもらいます。

 

社説朗読は5/15の毎日新聞からです。新聞

米国がイスラエル大使館をテルアビブからエルサレムへ移転させたという記事でした。

1回目も2回目も、噛みはしなかったものの、タイムがあまり縮みませんでした。

パレスチナ問題や中東問題については色々と勉強中。

今回の大使館移設で抗議デモが発生し、死傷者が出ているようなので、今後も注意深く見ていきたいです。

 

総合課題は、暫く間が空いてしまったので、思い出すために何度か繰り返し復習。

セリフ合わせを行い、そのあと動きを付けて3回ほど最初から最後まで通して記憶を呼び戻しました。次回撮影して、このテキストは最後になりそうです〜。

小松愛 * ワークショップ * 00:14 * - * trackbacks(0) * pookmark

05月09日(水)稽古回顧録

【1】朗読稽古

 

 朝日新聞の社説を音読する。

 [練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

 [練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】総合稽古『作品を仕上げる感覚』

 

 『演出家の思い描く理想の作品像に、役者の演技を出来る限り近づける』ことを最優先とする、総合的な稽古を行う。役者はどういう技術を使ってもOK。とにかく作品としてのクオリティが上がればよい。

 前回までは課題シナリオをいくつかのビートに分けて細かく調整してきたが、本日より冒頭から結末まで一気に演じるスタイルに戻し、“作品を仕上げる感覚”をさらに研ぎ澄ます。

 

***   ***   ***   ***

 

更新が遅れまして反省です。

せめて「改めて更新します」を、ちゃんと日曜日にアップできれば良かったんですけどね。

 

ちなみに旅行のため、5/12土曜日の演技術探究会はお休みませてもらいました。

そして5/15、昨日帰宅して落ち着いたので、前回「05月09日(水)の演技術探究会」の報告を書こうと思ったんですけどね・・・。

 

間が空きすぎて、内容忘れてしまいましたたらーっ

普段から忘れっぽい上に、旅行が挟まり余計に記憶が薄れてました汗

 

配られたテキストやノートのメモを見返し、いつもの社説朗読は、5/8の朝日新聞。

国民民主党の結成についての記事を朗読でした。

1回目はノーミス、2回目は「問題点」の「モ」がクリアに聞こえなったため1箇所×。

 

社説は、国民民主党が結成されたという内容でした。

 

メモには、民進党 + 希望の党 = 国民民主党 

 

民進党は、そもそも 

民主党(憲法改正はやぶさかではない 反安倍) +  維新の会 (改憲賛成) 

 
民進党 分裂

 next去年、希望の党(憲法改正OK)と合流した人

 nextそのままの民進党の人

 next希望の党の小池さんにより排除された人は立憲民主党を作った人へと分裂。 

 (この上に書いた民進党のところから3つに分岐した矢印が書いてありました)

 

現在の希望の党の中には、元民進党員もいるので分裂した勢力の一部が元に戻ったという内容ですが、政治には疎いので、ややこしく感じてしまいます。

一旦、お休みになっている続・理想現実ラジオなどで改めて勉強したいな〜と思いました。

あとは、総合稽古は動きなど忘れないように、読み合わせと動きの確認を数回やったと思います。

 

今日はこの後、久々の演技術探究会なので、頑張ります。

小松愛 * ワークショップ * 15:08 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ