<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

12月24日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

各論稽古では、チェスのリアリティのある動き・仕草について集中的に練習しました。前回撮影したものを見ると、緩急が足りないという感想が出てきました。それを克服しようと、ゆっくり演じるところを再確認しました。

通して練習した1回目はうまくいったような感じがしたのですが、いざ撮影したら、ちょっとテンポが合わなかったような気がします。前回よりは、良くなったと思いますが、やっぱり全体的にスピードが速い・・・ビデオで見るとよくわかります。

とりあえず、今年の練習はここまで。続きはまた来年になりました。

来年はもっと間をコントロールできるように頑張ります。

 

小松愛 * ワークショップ * 21:39 * - * trackbacks(0) * pookmark

12月17日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

細かい動きを指示してもらいました。

リアリティーのある、さりげない仕草をつけてもらいました。

それからセリフの言い方をゆっくりにする指示がありました。

どうしても自分の言いやすいリズムがあり、やりやすい方へ寄ってしまうので、セリフ言い方を変えるのは難しいですね。

次回、全部通して練習する予定ですが、あとは記憶力・・・。

 

小松愛 * ワークショップ * 22:31 * - * trackbacks(0) * pookmark

12月10日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

 

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題では、間をゆっくり取って演じることに挑戦しています。

ゆっくり演じることが苦手で間をコントロールするのは、とても難しいです。

実験的に、できるだけゆっくり演じるパターンと、できるだけ早く演じるパターン、2種類を撮影してみました。

比較してみると、セリフをゆっくり言うのと、ゆっくり動くのが苦手のようです。

セリフには決まったテンポのようなものがあって、そこを変えるのが難しい。

ゆっくり動くのは仕草のアイディアがなかなか思い浮かばないのが原因だと思います・・・。

次回は細かい動きをつけてもらう予定なので、もう少し外から強制してゆっくり演じられると思います。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 17:24 * - * trackbacks(0) * pookmark

12月03日(土)の演技術探究会

【1】音声コンテンツ収録

LogicalSweetVoice(99)の収録を行う。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

久しぶりの稽古ゆえ、これまでの内容を改めて復習し、演技勘を取り戻す。

 

***   ***   ***   ***

 

前回、水曜日の稽古は休みに変わったにも関わらず、忘れっぽい私は、稽古場に行こうとしてしまいました。

土曜日も、お楽しみ計画ブログでひっそり更新しているLogicalSweetVoiceの録音をしました。

ロジカルも、いよいよ次回は100回目。アクセスキーをお持ちの方は、是非聴いてくださいね♪

最近、所用や音声録音などであまり練習ができていなかったため、録音を終えて、残った時間でチェスの動きを確認しました。

あれだけ動きを覚えたと思っても、根本的にチェスにゲームとして触れていないので、暫くやってないと忘れてしまいますね。

小松愛 * ワークショップ * 22:50 * - * trackbacks(0) * pookmark

11月19日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

各論課題のチェスの中で、持っている駒をポトリと落とすという動きがあるのですが、練習に使っている駒は底に磁石が仕込まれていて盤に引っ付き、転がらないようになってます。実際のゲームをする分には良い仕組みなのですが、演技だとポトリと落としたつもりが角度によっては駒が倒れずに直立し、意図した絵になりません。

持ちあげた時点で、駒を横向きに倒しておいて手から離さないと、かなりの確率で直立してしまいます。

これが結構、不自然な動きでうまくいかず・・・結局、盤の外側にさりげなく手を持っていき、磁石の効果が出ないよう、盤の外に落とすというのを考えました。これなら、直立してしまうことはありませんが、盤の端に駒がぶつかると思いがけず机からも落ちてしまう程飛んでしまう可能性もあります。舞台演技だとマズイですが、映像なら録り直しできますね。

あとは、実際は磁石がついていない駒を用意できれば問題はないですが・・・。

 

駒の動かし方を確認したので、この後、さらに細かい動きをつけていく予定です。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 19:01 * - * trackbacks(0) * pookmark

11月12日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

***   ***   ***   ***
サブテキストが変わり、チェスの動きを指示してもらいました。
駒を動かす手自体は変わってないのですが前回のバージョンとは違い、無言でチェスするところがあります。
いわゆる、間で見せることになるのですが、私は間を使った芝居がやや苦手・・・大丈夫かな〜と不安になります。
無言でチェスやるところは急に緊張感が増しますね〜。
このあと細かい動きや視線なども指示があると思うので、そこまで動きが決まれば安心して演技できると思うのですが。
やることが決まっていれば怖くないんですよね。
しかし、久々にチェスをやって駒の動かし方をすっかり忘れていたので、びっくりしました。
やれば思い出しはするのですが、忘却力恐るべしチェスチェス
小松愛 * ワークショップ * 21:54 * - * trackbacks(0) * pookmark

11月05日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

 

***   ***   ***   ***

 

テキストは変わりませんが、演じる時のサブテキストが変わりました。

今までは相手役と仲がいいバージョンでしたが、新しいのはあまり親しくない関係性というバージョンです。

緊張感高め、リアクションも前回とは変わってきます。演出の動きの指示もかなり細かくなるようです。指示されて直ぐ演じられるようにするのも課題の一つです。次回から具体的に演じていきます。

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 17:58 * - * trackbacks(0) * pookmark

演技術探究会おやすみ

水曜・土曜と演技術探究会をお休みとなりました。

 

土曜日は制作会議をする予定でしたが・・・この日は、日本シリーズの初戦野球

TV観戦をしては?と気遣ってもらい、日曜にずらしてもらいました。

カープ2連勝、この後どうなるか楽しみです!

次回から、テキストは変わりませんが新しい練習に入るので、頑張ります〜。

 

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 22:26 * - * trackbacks(0) * pookmark

10月08日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

 

朝日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

今やっているサブテキストの後半部分のシーンをビデオに撮影して練習しました。

ベースになるものに、細かい仕草などを付け加えたり、駒を動かすタイミングを少し変えたバージョンなのですが、撮影したものを確認してみると、ベースで作ったものに比べて、自然な感じになっていました。付け加えた動きが、とてもナチュラルに見えるような指示だったのと、少しこの課題に慣れてきたのがあると思います。

 

ただ、練習でとっても良いタイミングでできると、いざ撮影!という時には、ずれてしまうことがよくあります。

こういう現象をムカデのダンスと言うらしいのですが。「あ、できた!」と思い、次に意識しすぎることで、上手くできなくなってしまうんだそうです・・・難しいです!

小松愛 * ワークショップ * 20:50 * - * trackbacks(0) * pookmark

10月01日(土)の演技術探究会

【1】朗読稽古

毎日新聞の社説を音読する。

[練習01] クリアな滑舌が保てるよう、無理のないペースで読む。

[練習02] 滑舌が乱れない範囲の最高速度で読む。

 

【2】各論稽古『感情の動きと何しな何するをミックスする』

 

今回の課題シナリオでは、主人公がチェスを楽しんでいる最中に、共演者から秘密を暴露されるシーンがある。(※チェスをしながら会話する点が、『何かをしながら何かをする』の課題となっている)

まずは演出家がサブテキストを公開し、秘密がばれた時に主人公が何を考えていたのかをプレゼンテーション。
サブテキストにはいくつかのバージョンがあり、「たぶん、ばれてると思ってました」から「まさか、ばれるなんて!」まで、そのコンテクストにわかりやすい違いを設けてある。

指定されたサブテキストをベースに、『秘密が暴露された時の主人公の感情』を小松Pには演じてもらう。
その際、『しぐさ』(→チェスの打ち方、等)の使い方を演出家が予め指定するので、そのプランは必ず受け入れることとする。

表現の完成度がある程度高まったら、サブテキストのみを変更し、それに合わせて全体の演技プランもリニューアル。

そのパターンを繰り返すことで、1枚のシナリオをいかようにも、何通りにも演じ分けられる技術を養う。

 

***   ***   ***   ***

 

久々の演技術探究会でした。

前回までに決めたシーン1から3までを復習し、1と2をビデオで撮影しました。

長い休みが入りましたが、なんとか記憶も取戻し、やるべきことはできていた感じです。

 

シーン2では暇そうにして間をゆったり取るところがあり、無言の演技があります。

間を取ったり、ゆっくり演じるのが苦手なのですが、撮影した映像を見ている限りでは、そこまで違和感はありませんでした。

今の時点では、動きが決まってさえいれば、なんとかゆっくり演じられるようです。

次回からは、シーン4と5の新しい動きの指示に変わり、すぐに演じられるかどうかを試す練習です。

適応力が試されますね、頑張ります〜。

 

 

 

小松愛 * ワークショップ * 21:40 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ